オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)-第2話のあらすじとネタバレ

TBSのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の第2話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ボス恋-第2話のあらすじとネタバレ

鈴木奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)から「見合いを断る口実として、彼女のふりをしてほしい」と頼まれ、彼女のふりをすることになり、潤之介の姉に合うことになった。

すると、紹介された姉というのが、編集長の宝来麗子(菜々緒)だったのである。

驚いた鈴木奈未(上白石萌音)は、その場を乗り切るために、私はけん玉チャンピオンだと嘘をついてしまうのだった。

さて、宝来麗子(菜々緒)は、カルティエの広告出稿を狙っていたが、他の雑誌がミスをしてカルティエを怒らせたため、カルティエとの交渉は難航していた。

そのようななか、編集会議を開くと、中沢涼太(間宮祥太朗)が漫画家とのコラボ企画を提案したので、宝来麗子(菜々緒)は、そのアイデアを採用し、世界的に有名な漫画家の荒染右京(花江夏樹)にコラボを依頼することにした。

しかし、宝来麗子(菜々緒)は、雑用係の鈴木奈未(上白石萌音)に荒染右京の説得を命じ、発案者の中沢涼太(間宮祥太朗)は手柄を横取りされてしまうのだった。

鈴木奈未(上白石萌音)が交渉なんてしたことが無いと拒否すると、宝来麗子(菜々緒)は「交渉はしなくていい。けん玉チャンピオンなのだから、けん玉だけしてくればいい。これが成功すれば、親に紹介してあげる。失敗すればクビ」と告げた。

その日の夜、鈴木奈未(上白石萌音)は潤之介(玉森裕太)と合流して、けん玉の特訓をして、けん玉に苦戦する一方で、「本当の恋人みたいだ」と妄想を膨らますのだった。

翌日、鈴木奈未(上白石萌音)は副編集長の半田進(なだぎ武)と一緒に、漫画家・荒染右京の元に向かう。

そのとき、鈴木奈未(上白石萌音)が自分が雑用係に採用された理由を尋ねた。

すると、半田進は、面接に来た鈴木奈未を見かけて、センスの良いスタイリストでも付いているのかと思ったが、靴がクソダサかったので、ファッションに興味が無いのだと気づき、鈴木奈未(上白石萌音)を採用したのだと教えた。

ファッションに興味のある人間を雑用に雇っても、ファッションの仕事がしたいと文句を言うので、ファッションに興味の無い人間の方が良いのだという。

鈴木奈未(上白石萌音)は、自分が採用された理由を知って落ち込んだ。

さて、半田進(なだぎ武)は「交渉は私に任せておけ。お前の出番は無い」と言っていたので、鈴木奈未(上白石萌音)は安心していたが、半田進は漫画家・荒染右京(花江夏樹)との交渉に失敗し、荒染右京にけん玉チャンピオンだと言い、鈴木奈未を紹介した。

けん玉好きの荒染右京は、チャンピオンの実力を見せて欲しいと頼むが、けん玉素人の鈴木奈未は「あいにく、けん玉が・・・」と言って逃げた。

すると、荒染右京は、自分の漫画をデザインしたオリジナルけん玉を持っており、けん玉を鈴木奈未にプレゼントした。

けん玉を貰って逃げられなくなった鈴木奈未は、しかたなくけん玉に挑戦するが、初歩的な技も失敗してしまい、けん玉チャンピオンだという嘘がバレ、荒染右京の説得に失敗してしまうのだった。

その日の夜、鈴木奈未(上白石萌音)は潤之介(玉森裕太)にけん玉に失敗した事を報告し、「どうして私に恋人役を頼んだの?」と尋ねると、潤之介は「本当に恋に発展しそうな人には頼めないじゃん」と答えた。

それを聞いた鈴木奈未(上白石萌音)は、「私が採用されるのはネガティブな理由ばかりだ」とショックを受けて立ち去るのだった。

さて、鈴木奈未(上白石萌音)は宝来麗子(菜々緒)から呼び出されたので、「編集長にも責任があると思います」と意見すると、宝来麗子は「これは貴方の仕事。故に全て貴方の責任。貴女は、人並みで言いと言って、努力する事から逃げているだけ。人並みの責任を取ったら」と言われてしまう。

すると、帰宅した鈴木奈未(上白石萌音)は、けん玉の練習を始め、荒染右京の漫画も読破するのだった。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)-第2話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する