オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)-第2話の視聴率と感想

TBSのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の第2話の視聴率と感想です。

原作やネタバレは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ボス恋-第2話の視聴率と感想

ボス恋の第2話の視聴率は11.3%だった。第1話の視聴率が11.4%だったので、0.1%しか下がっておらず、予想以上に強いので驚いた。

さて、第1話は映画「プラダを着た悪魔」的なストーリーだったのだが、第2話はオリジナルストーリーで面白かった。

鈴木奈未(上白石萌音)がその場しのぎでついた「けん玉チャンピオン」という嘘から、世界的に有名な漫画家の荒染右京(花江夏樹)へのイラストに繋がり、荒染右京のイラストからカルティエの出稿に繋がり、荒染右京とカルティエのコラボが実現した。

もちろん、裏で宝来麗子(菜々緒)が絵を描いていたのだが、第2話のストーリー展開は面白かった。

ちなみに、何かの番組で見たのだが、けん玉チャンピオンは年収1億以上あるらしい。

スポンサードリンク

■二重顎が気になる

第2話の開始41分ごろ、鈴木奈未(上白石萌音)が編集長室を訪れて宝来麗子(菜々緒)と会話するシーンがあるのだが、上白石萌音の二重顎が気になった。

顔も疲労が溜まっているという感じがした。撮影が大変なのだろうか。二重顎が目立たないように、もう少し斜め上からの撮ってあげた方がよいのではないかと思った。

あと、宝来麗子(菜々緒)の顔が何かの映画で見た悪魔の顔に似ているのだが、何の映画だったか思い出せない。

■小物が楽しい

編集者の入り口にアニメのポスターが貼ってあったので、調べてみると、「その恋、お兄ちゃんは許しません」「インゴシマ」という実在する漫画だった。

軽くあらすじを読んだ限りでは、ドラマ化すると面白そうな内容だったので、TBSの火曜」10時枠でドラマ化して欲しい。

なお、第2話のあらすじとネタバレは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する