おちょやん-小竹英一(こたけ・えいいち)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する小竹英一(小堀正博)のモデルとネタバレです。

■小竹英一(小堀正博)のあらすじ

小竹英一(小堀正博)は映画監督・村川茂(森隼人)が撮影する映画「太陽の女・カルメン」に主演していたが、相手役の高城百合子(井川遥)と失踪してしまう。

スポンサードリンク

■小竹英一(小堀正博)のモデル

小竹英一(小堀正博)のモデルは日活の俳優・竹内良一だと考えられます。

竹内良一は、昭和2年に映画「椿姫」に、女優の岡田嘉子とともに出演していた。

映画「椿姫」は岡田嘉子のために作られる映画で、ヒット間違いなしと言われていました。

しかし、内縁の夫との関係に悩んでいた岡田嘉子は、大勢の前で監督の村田実に罵倒され、映画「椿姫」に対して不安を抱くようになる。

竹内良一が岡田嘉子に悩みがあるのではないかと尋ねると、岡田嘉子は竹内良一に悩みを打ち明け、2人は一緒に映画の撮影中に駆け落ちしてしまう。

岡田嘉子の代役として夏川静江が抜擢されるが、映画「椿姫」は全て岡田嘉子を主演にする事を前提として作られてこともあり、映画の内容は大したことは無かった。

しかし、映画「椿姫」は岡田嘉子が駆け落ちしたというゴシップ効果により、大ヒット。興行的には大成功したので、夏川静江は一気にスターとなるのだった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する