レッドアイズ-原作と犯人(黒幕)のネタバレ

亀梨和也が主演する本テレビのドラマ「レッドアイズ・監視捜査班」の原作と犯人と黒幕のネタバレです。

■犯人は青いコートの男

3年前、神奈川県警の捜査一課の敏腕刑事だった伏見響介(亀梨和也)は、婚約者の美保(小野ゆり子)から「サプライズがある」と言われ、神奈川県横浜市のメモリアルパークで待ち合わせをしていた。

しかし、美保(小野ゆり子)から「助けて」という電話がかかってくる。

伏見響介(亀梨和也)は「何のサプライズだよ」と言って信じなかったので、美保(小野ゆり子)がテレビ電話に切り替えると、頭から血を流した美保が映った。

伏見響介(亀梨和也)は風景を写させると、倉庫とレインボーブリッジが見えたので、山下埠頭の倉庫街だと気づき、助けに向かうが、美保(小野ゆり子)は犯人に殺されてしまうのだった。

犯人は青いコートを来た男で、右腕には大きな傷があり、犯人を捜す伏見響介(亀梨和也)は無実の容疑者に暴行を働き、懲戒免職となる。

しかし。3年後、伏見響介(亀梨和也)は島原由梨(松下奈緒)から神奈川県警のKSBC(神奈川県警捜査分析センター)に招かれ、再び警察官となり、犯人(青いコートの男)を捜すのだった。

スポンサードリンク

■犯人のネタバレ

犯人(青いコートの男)の正体は、「鳥羽メンタルクリニック」のカウンセラー鳥羽和樹(高嶋政伸)だった。

鳥羽和樹

第1話の最後で犯人(青いコートの男)の部屋が映り、犯人がカルテを見ていたので、患者を洗脳して、事件を起こされていたと予想していた。

ほぼ予想通りの展開なのだが、どうやら鳥羽和樹(高嶋政伸)は警察内部に内通者がいるようなので、ここでは警察内部の内通者を黒幕と定義し、黒幕を予想する。

■黒幕のネタバレ

鳥羽和樹(高嶋政伸)の部屋にはガラスボードがあり、ガラスボードにはKSBCや神奈川県警とその家族の写真が貼ってあった。

おそらく、鳥羽和樹(高嶋政伸)がターゲットしとしている人物の写真だろう。

しかし、「レッドアイズ」の相関図に登場する人物で、ガラスボードに写真の無い人物が2人居る。

それが、姉川保(長田成哉)と奥州寛治(矢島健一)である。

当然、内通者はターゲットから外れるので、写真を貼る必要が無い。

そう考えると、ガスボードに写真が無かった姉川保(長田成哉)と奥州寛治(矢島健一)が内通者(黒幕)だと考える事ができる。

スポンサードリンク

■黒幕のネタバレ2

次に、ストリーから考えると、警察内部の内通者を考察する。

そもそも、ドラマ「レッドアイズ」は、奈川県警がKSBC(神奈川県警捜査分析センター)を設置した所から始まっている。

KSBCには、プライバシーの侵害などの批判が強いため、大きな事件を解決して、その存在意義を指名したいと考えるはずだ。

そして、KSBCの始動直後に、都合良く殺人事件が多発した。

これはドラマとは言えば、都合が良く事件が起きているので、KSBCを設置に関わった人物が内通者という可能性が大きい。

そう考えると、上司の奥州寛治(矢島健一)か責任者の島原由梨(松下奈緒)の、どちらかが内通者という可能性が大きい。

現時点では第4話が終わったところなのだが、第4話を観る限りでは、島原由梨(松下奈緒)が内通者という感じがする。

また、普通の刑事ドラマは「犯人」→「黒幕」という展開だが、「レッドアイズ」は第4話で犯人(青いコートの男)が判明したので、「犯人」→「内通者」→「黒幕」という3段ロケット構成になりそうな気がする。

■気になる点

相関図に登場する人物は、名前が有名な合戦のあった地名である。

伏見響介(亀梨和也)→伏見の戦い
鳥羽和樹(高嶋政伸)→鳥羽の戦い
島原由梨(松下奈緒)→島原の乱
長篠文香(趣里)→長篠の戦い
山崎辰二郎(木村祐一)→山崎の合戦
湊川由美子(シシド・カフカ)→湊川の戦い
姉川保(長田成哉)→姉川の合戦
奥州寛治(矢島健一)→奥州合戦
小牧要(松村北斗)→小牧の戦い
長久手智亮(川瀬陽太)→長久手の戦い
結城美保(小野ゆり子)→結城合戦
大塩はるか(髙橋ひかる)→大塩平八郎の乱
石津渉(福澤重文)→石津の戦い

このうち、「小牧の戦い」と「長久手戦い」は、「小牧・長久手の戦い」と1セットにされ、「伏見の戦い」と「鳥羽の戦い」は「鳥羽・伏見の戦い」と1セットにされることが多い。

つまり、これは、小牧要(松村北斗)と長久手智亮(川瀬陽太)が恋愛関係にあり、伏見響介(亀梨和也)と鳥羽和樹(高嶋政伸)が交際しているという証拠でなのかもしれない。
レッドアイズの小牧要と長久手智亮

スポンサードリンク

コメントを投稿する