君と世界が終わる日に-第2話のあらすじとネタバレ

日本テレビのゾンビドラマ「君と世界が終わる日に」の第2話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「君と世界が終わる日に-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

■君と世界が終わる日に-第2話のあらすじとネタバレ

ゾンビに取り囲まれた小笠原来美(中条あやみ)から無線で助けを求められた間宮響(竹内涼真)は、小笠原来美を助けに向かうが、小笠原来美が籠城していた国立新興感染症対策機構のバスは、もぬけの殻だった。

本郷大樹(大谷亮平)は、バス付近に落ちていた自衛隊の銃弾を見つけたので、「君の彼女は自衛隊に救助されたとみていい。横須賀駐屯基地に向かっているはずだ」と教えた。

そこで、本郷大樹(大谷亮平)は、みんなで横須賀駐屯基地へ行くため、間宮響(竹内涼真)に放置していた車の修理を頼むと、等々力比呂(笠松将)にその場を任せ、甲本洋平(マキタスポーツ)と一緒にガソリンを探しに出た。

一方、自衛隊に救出された小笠原来美(中条あやみ)は、自衛隊のトラックで横須賀駐屯基地へ向かっていたが、運転手が道路に飛び出してきたゾンビを避けるために急ハンドルを切り、トラックが横転してしまう。

そのとき、トラックから投げだれた少年が重傷を負ってしまった。

トラックに乗っていた日韓新興感染症対策機構のジアン(玄理)は、手術しなければ助からないと言い、近くの倉庫で少年の手術を始めた。

小笠原来美(中条あやみ)は研修医だったので、手術の手伝いをするが、実務経験が無いので、ジアン(玄理)から「居ない方がマシ」と言われてしまう。

それでも、小笠原来美(中条あやみ)は「アイツなら逃げ出さない」と言い、手術の手伝いを続けるのだった。

さて、間宮響(竹内涼真)は車の修理を終え、本郷大樹(大谷亮平)が戻ってくるのを待っていたが、次々とゾンビが襲ってきた。

等々力比呂(笠松将)は次々とゾンビを倒すが、後から後からゾンビが集まってくるので、「誰か噛まれてるんじゃないか」と言い、犯人捜しをしていると、宇和島雅臣(笹野高史)が苦しみだして倒れた。

等々力比呂(笠松将)が宇和島雅臣(笹野高史)の体を確認すると、腕に噛まれた傷があり、血を流していた。宇和島雅臣は、第1話の三浦高校でゾンビに襲われたときに噛まれていたのだ。

また新手のゾンビが集まってきたので、等々力比呂(笠松将)はみんなを連れて、近くの老人ホームに逃げ込むと、宇和島雅臣(笹野高史)の手足を縛り、ナイフで殺そうとした。

間宮響(竹内涼真)が慌てて止めると、等々力比呂(笠松将)は「ゾンビに噛まれた者がどうなるのか見ていないだろ。今夜か5分後か、いつ変化するか誰にも分らない。危険な芽は直ぐに摘まないと」と言った。

すると、韓国人ミンジュンが、姉は日韓新興感染症対策機構の研究者だと言い、「姉の研究はワクチン。駐屯地へ行けば治るかもしれない」と言った。

等々力比呂(笠松将)は、ワクチンが開発されていなければ、皆を危険にさらすことになると言い、宇和島雅臣(笹野高史)をこの場で始末しようとするが、間宮響(竹内涼真)は「人の命だぞ。賭けてみる価値はある」と言い、皆に危険が及ばないように、自分が別室で宇和島雅臣を監視すると名乗り出た。

すると、等々力比呂(笠松将)は、ゾンビ化したら躊躇無く殺すように言い、間宮響(竹内涼真)にナイフを渡し、宇和島雅臣の監視を任せた。

君と世界が終わる日に-第2話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する