シヤカナローの花のネタバレ

TBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」に登場する「シヤカナローの花」の実話のネタバレです。

■「シヤカナローの花」のネタバレ

ドラマ「天国と地獄」には「シヤカナローの花」が登場する。これは実際に沖縄県にほど近い奄美大島の喜界島に残る伝承「太陽と月」に登場する花である。

「太陽と月」という伝承は次のような内容である。

スポンサードリンク

■太陽と月

昼の太陽は夜の月になるはっずだった。夜の月は昼の太陽になるはずだった。

ある日の夜、2人が寝ていて、どちらかの腹の上にシヤカナローの花が咲いたら、咲いた方が昼の太陽となり、咲かなかった方は夜の月になる事を約束した。

太陽は昼の太陽になりたかったのだが、月の腹の上にシヤカナローの花が咲いた。

それを見ていた太陽は、シヤカナローの花を盗んで自分の腹の上に植え、昼間に昇る太陽となった。

しかし、太陽は悪いことをして太陽となったので、昼間に昇っても誰も観ることが出来ず、月は夜に昇る月となったが、誰もが観られる存在となった。

■「シヤカナローの花」のネタバレ

「シヤカナローの花」は月と太陽の運命が入れ替わるキーアイテムであり、ドラマ「天国と地獄-サイコな2人」でも、望月彩子(綾瀬はるか)と日高陽斗(高橋一生)が入れ替わるキーアイテムが登場すると考えられる。

では、「シヤカナローの花」はどのような花なのか。

私が調べた限りでは、「シヤカナローの花」は喜界島に伝わる「太陽と月」という伝承でしか、登場しない。

文献によっては「ヤ」が小さく「シャカナローの花」という表記になっている。

「シャカ」は「お釈迦様」を連想するので、お釈迦様に関する花という可能性もある。

また、喜界島だけで使用する別称や方言という可能性もあるのだが、私の調べた限りでは特定出来なかった。

よって、現時点では、「シヤカナローの花」が実在するのか、伝説上の架空の花なのかは不明である。

なお、「天国と地獄」の原作やネタバレは「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する