ウチの娘は、彼氏が出来ない(ウチ彼)-第3話のあらすじとネタバレ

日本テレビのドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない(ウチ彼)」の第3話のあらすじとネタバレです。

第2話のあらすじとネタバレは「ウチの娘は、彼氏が出来ない(ウチ彼)-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ウチ彼-第3話のあらすじとネタバレ

水無瀬空(浜辺美波)は渉周一(東啓介)とデーとしたが、渉周一の鼻毛が出ていたので幻滅し、次のデートの約束もしなかった。

一方、入野光(岡田健史)は、未羽(吉谷彩子)のマンションの前で、帰りを待っていると、未羽が帰ってきたが、男連れだった。

未羽(吉谷彩子)は、入野光(岡田健史)を見ると、連れの男性に、親戚の子で家庭教師をしていたと嘘を付いたので、入野光も話を合わせると、男性は「俺はいつでも会えるから」と言い、遠慮をして帰って行った。

入野光(岡田健史)が「あの人が本命なの?」と尋ねると、未羽(吉谷彩子)は「お試し中。もうすぐ30だから、結婚を考えている」と教えた。

他方、「おだや」のゴンちゃん(沢村一樹)は、商店街のおばちゃんが見合いを持ち込んできたので、断ろうとしたが、26歳の美人だったので、見合いをすることにした。

ゴンちゃん(沢村一樹)は、見合い相手の方が鯛焼きを焼いているゴンちゃんに一目惚れして、見合いを申し込んできたのだと言い、水無瀬碧(菅野美穂)に見合い写真を見せて、結婚式のスピーチを頼むと、水無瀬碧は負けたと思ってへそを曲げた。

水無瀬空(浜辺美波)は、ゴンちゃん(沢村一樹)が結婚したら、今まで見たいに「おだや」に行ってゴロゴロ出来なくなると悲しんだ。

ある日、水無瀬碧(菅野美穂)は、担当者の橘漱石(川上洋平)に小説のプロットを見せるが、ボツになってしまう。

水無瀬空(浜辺美波)が「ゴンちゃん(沢村一樹)の話しは?」と提案すると、橘漱石(川上洋平)は乗り気になり、ゴンちゃんとデートするという条件で、ボブディランのコンサートチケットを水無瀬碧(菅野美穂)に渡した。

さて、水無瀬碧(菅野美穂)とゴンちゃん(沢村一樹)は、ボブディランのコンサートが終わると、取り壊される廃校「すずらん小学校」に侵入し、小学校時代の思い出話をした。

すると、水無瀬碧(菅野美穂)は思わす、「嫁に行くのを止めませんか」とプロポーズしてしまう。

水無瀬空(浜辺美波)は慌てて「間違えちゃった。嫁は貰う方よね」と冗談として処理しようとしたが、ゴンちゃん(沢村一樹)は「ごめん。もう青葉さんとお見合いして、豊田のおばちゃんに進めてくさいって。だから、お前の気持ちには応えられない。すまん」と謝った。

一方、橘漱石(川上洋平)と交際している伊藤沙織(福原遥)は、精神安定剤を飲みながら、橘漱石のストカーを続けて苦しんでいたのだが、「おだや」で小田俊一郎(中村雅俊)に話を聞いてもらうと、精神安定剤を飲まなくても気持ちが楽になった。

このため、伊藤沙織(福原遥)は「私の精神安定剤になってください」と言い、小田俊一郎(中村雅俊)にハグをしてもらうのだった。

店のが影から、その様子を観ていたゴンちゃん(沢村一樹)は・・・。

他方、入野光(岡田健史)は未羽(吉谷彩子)と交際していたが、未羽が付き合い始めていた「お試し期間中」の男性と結婚することになり、別れを切り出され、捨てられた。

ある日、水無瀬空(浜辺美波)がアルバイト先の「おだや」に行くと、小田俊一郎(中村雅俊)が「付け鼻毛」をして遊んでいた。

水無瀬空(浜辺美波)が驚いて「付け鼻毛」について尋ねると、小田俊一郎(中村雅俊)は接骨院に行ったとき、渉周一(東啓介)が教えてくれたと教えた。

それを聞いて驚いた水無瀬空(浜辺美波)は、渉周一(東啓介)の元を訪れ、「どうしてデートに付け鼻毛を付けてきたの」と詰め寄るのだった。

一方、水無瀬碧(菅野美穂)は、過去作品の映画化の話しが浮上した。主演が歌手の久遠悠人というので大喜びし、久遠悠人の大ファだった水無瀬碧は、「私、悠人と恋します」と宣言したのだった。

ウチの娘は、彼氏が出来ない(ウチ彼)-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する