レンアイ漫画家-原作の最終回と結末ネタバレ

鈴木亮平が主演するフジテレビのドラマ「レンアイ漫画家」の最終回のあらすじと結末のネタバレです。

このページは「レンアイ漫画家-原作のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■レンアイ漫画家-原作の最終回と結末ネタバレ

金條カレンは苅部清美に結婚を迫るが、苅部清美は面倒くさいと言い、漫画を描こうとする。

しかし、金條カレンは婚姻届に署名するまで帰らないと言うので、苅部清美は漫画を描くために婚姻届に署名し、漫画の続きを描き始めた。

翌朝、久遠アイコが苅部レンの様子を観に行くと、金條カレンが朝食を作っていたので、理由を聞いてみると、金條カレンは苅部清美と結婚したのだと教えた。

翌日、苅部清美は、久しぶりに恋愛ミッションを命じるため、久遠アイコを呼び出すと、ショックを受けた久遠アイコは「もう必要ないでしょ。結婚してるんでしょ。金條さんと恋愛してるんでしょ」と拒否したが、「恋愛話ならある。ちょっと変わってるけど」と言い、自分の恋愛話しをする事にした。

そして、久遠アイコは、苅部清美を好きになっていく様子を思いだして話すと、苅部清美は「続けろ」と言い漫画を描き出した。

そのようななか、インターネット掲示板に「苅部眞理子は男だ」という書き込みがされ、ファンの間で一気に噂が広り、ファンが苅部清美の自宅に集まってきて、「苅部眞理子」の正体が苅部清美だとバレてしまうのだった。

スポンサードリンク

■最終巻(5巻)のあらすじとネタバレ

苅部清美は正体がバレても「関係無い。描く」と言ってアトリエに籠もったが、その日から漫画家描けなくなってしまい、20年間続けてきた連載を落として(休載)しまう。

「銀河天使(銀天)」の休載に驚いた金條カレンは、苅部清美を励まそうとするが、「お前に言われたくない。出て行け」と言われてしまうのだった。

一方、久遠アイコは、20年間も一緒に頑張ってきた編集者・向後の苦悩を聞き、苅部清美に「向後のためにも書くべきだ」と苦言を呈した。

すると、苅部清美は「お前の言うように簡単には描けない」と言い、久遠アイコに漫画を描くように命じた。

久遠アイコは漫画を描こうとしても、描き方も分らなかったので、参考のために苅部清美の漫画「銀河天使(銀天)」を読んでみるのだが、面白いので、続きがきになり、漫画を描くことを忘れて、「銀河天使」を読み進めていった。

そのようななか、金條カレンと編集者・向後は目的が一致していたので、協力して苅部清美の説得を開始しするが、苅部清美は描かないと拒否した。

編集者・向後が、苅部レンを引き取って大勢の人が出入りするようになって、満たされたため、描けなくなったのだと指摘する。

金條カレンは、同じ漫画家として、漫画家が幸せになってはいけないのかと反論するが、久遠アイコが「銀河天使」を読んでいるのを見て、自分は「銀河天使」のファンとして、一番近くで「銀河天使」見守りたいと思っていた事に気付いた。

そこで、金條カレンは、婚姻届を提出していないなかった事を明かし、婚姻届を返して、久遠アイコにも身を引くように告げると、苅部清美は「邪魔だ出て行け」と言い、漫画を描き始めるのだった。

■結末のネタバレ

久遠アイコは苅部清美が結婚していなかった事に安心するが、執筆の邪魔になるので、苅部家から遠ざかっていた。

しかし、久遠アイコは出入り禁止ではないと思い、苅部清美の仕事が一段落した頃合いを狙って、苅部家に行ってみると、苅部清美が救急車で運ばれているところだった。

すると、苅部清美は、死んだ先輩・苅部純を思いだし、苅部清美が退院すると、部屋を引き払い、強引に苅部家に住み始めた。

その後、漫画「銀河天使(銀天)」が以前よりも面白くなったので、金條カレンは自分は邪魔をしていただけだと悟り、久遠アイコに「漫画が面白くなったのは、恋愛話を提供している貴女のおかげだ」と礼を言った。

久遠アイコは自分が役に立っていると喜んだが、苅部清美は久遠アイコの姉から恋愛話しを聞いて漫画を描いている事が判明し、自分は役に立っていなかった事に落ち込むのだった。

その後、久遠アイコは編集者・向後に、苅部清美が私の事をどのように思っているのかと尋ねると、向後は「何も聞いていない。苅部くんには多くを望まない方がいい」と教えた。

その後、久遠アイコは苅部レンと散歩に出かけると、苅部清美から電話がかかってきて「一緒に居ろ」と言われたので、「うん」と答えたのだった。

スポンサードリンク

■8年後

それから8年後、苅部レンは進学せずにオタクになっており、金條カレンの娘・金條麻央は高校生をしながら、モデルとして活躍していた。

漫画「銀河天使(銀天)」は連載が80巻まで続いていた。久遠あいこと苅部清美の2人は、つかず離れずの関係が続いていた。ハゲの編集者・向後は長髪になっていたが、カツラだった。

レンアイ漫画家-久遠あいこと苅部清美の結婚ネタバレ感想文」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する