望月彩子(綾瀬はるか)は連続殺人犯

溝端淳平が出演するTBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」の第3話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「天国と地獄-サイコな2人-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■天国と地獄-第3話のあらすじとネタバレ

一方、東京の日高陽斗は八巻英雄(溝端淳平)に「最近、好みの味が変わってきた。なんでだと思います?」と尋ねると、八巻英雄は「味覚は体に引っ張られるから。望月さんの好みになるっていうか」と口を滑らせてしまう。

すると、日高陽斗は、望月彩子の内通者は八巻英雄だと確信した。八巻英雄は失言に気付いたが、後の祭りだった。

さて、日高陽斗は、河原三雄(北村一輝)らに、インスタを調べれば革手袋が見つかるかも知れないと助言しており、河原三雄らはインスタの情報から、日高陽斗の革手袋を発見した。

八巻英雄は慌てて日高陽斗に「これじゃ、日高が犯人になっちゃいますよ」と言うが、日高陽斗は「何か問題でも?」と答えた。

すると、八巻英雄は、2人が入れ替わっている事を知っているとも言えず、言葉に詰まるのだった。

そこで、八巻英雄は革手袋を何とか回収しようとしたが、鑑識課で調べると、革手袋から日高陽斗の指紋が検出されたことから、DNA鑑定をするため、革手袋は科捜研へ送られてしまった。

驚いた八巻英雄は望月彩子に電話をして、手袋が科捜研へ送られたことを報告すると、奄美大島から戻ってきた望月彩子は、手袋をすり替えるように命じた。

しかし、八巻英雄は、見つかった手袋は右手で、自分の持っているのは左手なのですり替えられないと言い、謝罪する。

望月彩子は「盗むことなら出来るでしょ。私がどうなってもいいの。だいだい、左右を間違えたのはアンタのミスじゃない」と激怒するが、自分が無茶を言っている事に気づき、「ごめん、親切でやってくれてるのに」と謝罪した。

すると、八巻英雄は、「明日の朝一番でやってみます」と言い、電話を切った。

一方、歩道橋を歩いていた日高陽斗は、壁に赤いペンキで描いてあった「4」を見て驚き、「そうですか。終わりじゃなかったんですか」と言い、空を見上げるのだった。

日高陽斗が帰宅すると、同居人・渡辺陸(柄本佑)の「バイトが入ったので、帰りは朝になります」というメモが置いてあった。

メモを読んだ日高陽斗は、「ラッキーですね」と言い、ペットボトルの水を飲み干した。

そのころ、渡辺陸(柄本佑)は、歩道橋の壁に赤いペンキで描かれていた「4」を必死に消していた。

翌朝、八巻英雄(溝端淳平)は革手袋を盗むために、科捜研へ侵入しようとしたが、入り口のところで、河原三雄(北村一輝)が寝ており、侵入する事が出来なかった。

しかし、科捜研が革手袋から採取したDNAを検査したところ、DNAがバクテリアに分解されており、DNAは検出されなかった。

八巻英雄が望月彩子に電話し、DNAが検出されなかった事を報告し、「日高は科学に強いので、日高の仕業じゃないか」と言ったが、望月彩子は「革手袋を探させたんでしょ。それは無いんじゃない」と言い、八巻英雄に礼を言って電話を切った。

望月彩子は、日高陽斗が助けてくれたのだろうかと思ったが、日高陽斗は殺人犯なので殺人犯として裁かれるべきであり、元に戻って日高陽斗を逮捕することを誓うのだった。

翌日、新たな事件が発生した。第1話で発生した田所仁志殺害事件と同一犯の可能性があった。

事件発生の報告を受けた八巻英雄(溝端淳平)は、犯人が同一犯だというので、驚いて日高陽斗を見るのだった。

一方、望月彩子のスマートフォンに、日高陽斗から動画が届いたので再生してみる。

日高陽斗は、動画の中で、「この人はゴルフ開発などをして悪いことをしていたので、頭全体をゴルフボールみたいにデコボコにしちゃいたいと思います」と言い、天井から逆さ吊りにした男性の頭をゴルフクラブで何度も何度も殴った。

そして、日高陽斗は望月彩子に「これで、もう、元に戻ろうが、戻らまいが、貴女も殺人犯。どっちでも同じになっちゃいましたね。貴女は私で、私は貴女です。どうか、お忘れ無く」と告げていた。

動画を見た望月彩子は「なんでこんなことをするの?何が楽しいの?何が目的なの」と言い、崩れ落ちるのだった。

一方、朝帰りしてきた渡辺陸(柄本佑)は、望月彩子が収集所に出したゴミ袋を見かけたので、手持ちのゴミを捨てようと思い、ゴミ袋を開けると、血の付いた白い防護服を見つけるのだった。

天国と地獄-サイコな2人-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する