カムカムエヴリバディ-雉真勇(きじま・いさむ)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する雉真勇(きじま・いさむ)のモデルとネタバレです。

■雉真勇(村上虹郎)のネタバレ

雉真勇(村上虹郎)は、岡山県の名門・雉真家の次男である。父・雉真千吉(段田安則)は岡山の「雉真繊維(きじませんい)」を一代で築き上げた伝説の社長である。

雉真千吉(段田安則)は優秀な長男・雉真稔(松村北斗)とともに「雉真繊維」を大きくしようとして、海外進出を狙っていた。

雉真勇(村上虹郎)は次男だったので、会社を継ぐこともないので、比較的、自由な学生生活を過ごしており、甲子園を目指して野球に打ち込んでいた。

和菓子屋「たちばな」の看板娘・橘安子(上白石萌音)とは小学校からの同級生で、橘安子に好意を持っているのだが、素直に好きだと言えず、橘安子にちょっかいを出すのだった。

スポンサードリンク

■雉真勇(村上虹郎)のモデル

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のモデルは平川唯一なのですが、平川唯一の関係者に雉真勇のモデルに相当しそうな人物は居ません。

「カムカムエヴリバディ」のオリジナルキャラクターという可能性が大きいのですが、分かり次第、報告します。

■キャストは村上虹郎

村上虹郎は、平成9年(1997年)3月17日生まれ。東京都の出身。両親は離婚しているのですが、父親が俳優・村上淳で、母親が歌手のUA(うーあ)です。

TBSのドラマ「仰げば尊し」「この世界の片隅に」などに出演していました。

今回の「カムカムエヴリバディ」が朝ドラ初出演となります。

スポンサードリンク

コメントを投稿する