妹・日高優菜(岸井ゆきの)が語る日高陽斗の過去

岸井ゆきのが出演するTBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」の第4話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「天国と地獄-サイコな2人-第4話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■天国と地獄-第4話のあらすじとネタバレ後編

望月彩子は、日高陽斗の妹・日高優菜(岸井ゆきの)と会っていた。日高優菜は、兄が記憶喪失になったと心配して、連絡してきたのだ。

望月彩子が「みんな親切にしてくれるの?会社の人も優しくしてくれる」と不思議がると、妹・日高優菜(岸井ゆきの)は「それは、お兄ちゃんが優しいからだよ」と言い、日高陽斗が困っていた人たちを社員にした事を教えた。

しかも、日高陽斗は高校生の時に、嫌われ者のおじいさんを「悪い人じゃない」と言い、おじいさんの買い物を手伝っていたのだ。

しかし、日高陽斗が風邪で行けない日に、おじいさんが階段から落ちて死んでしまったのだという。

それを聞いた望月彩子は、本当に日高陽斗は風邪で寝込んでいたのかもしれないが、日高陽斗が家を抜け出しておじいさんを階段から突き落とすことも出来たと思った。

しかし、会社の社員は日高陽斗を慕っているので、望月彩子は、殺人鬼と社員に慕われる日高陽斗の二面性に困惑するのだった。

その後、望月彩子は、八巻英雄(溝端淳平)から連絡を受けた。

河原三雄(北村一輝)が、四方忠良の自宅に侵入する女性の目撃証言を取ってきたといい、その証言が望月彩子(体)と一致してるので、日高陽斗が目撃者を殺害するのではないかというのだ。

そのとき、望月彩子は、倒れている老人を助ける警察官を見て、体は日高陽斗でも自分が刑事である事を思だし、これ以上、被害者を増やさないために、日高陽斗と心中する事を決めた。

そこで、望月彩子は、若手袋を渡すと言い、日高陽斗を呼び出すと、革手袋を渡す交換条件として、人を殺さないと約束するように迫った。

約束しなければ、四方忠良を殺害した時の動画を警察に送り、望月彩子(体)を逮捕させるというのだ。

日高陽斗が「そんなことをしたら、元に戻るチャンスを失いますよ」と告げると、望月彩子は「舐めるんじゃないわよ。アンタを野放しにして死体が増えるくらいなら、アンタを警察に突き出す。このさい、2人仲良く地獄行きと行きましょうよ。それが本来あるべきす姿なのだから」と答えた。

それを聞いた日高陽斗は「だから貴女だったんですか。だから私は貴女と入れ替わったんですね」と言い、「安心してください。この程度のトラブルで人を殺したりはしません」と約束した。

そして、日高陽斗は、バックに蝶のチャームを付けたのは事件後なのに、目撃情報ではバックに蝶のチャームが付いていたと言い、意見を求めると、望月彩子は「特定性の高い情報を付け加えることで、誰かに反応を見られているのかも」と教えた。

それを聞いた日高陽斗は、ある計画を思いつき、バックから蝶のチャームを外すのだった。

翌日、河原三雄(北村一輝)は、望月彩子(体)のバックから蝶のチャームが無くなっているのを見て、望月彩子(体)が犯人だと確信し、外国人留学生グエンを脅して、望月彩子(体)を見たと証言させた。

このため、日高陽斗は一転して容疑者となってしまうのだが、そのとき、警視庁に、河原三雄(北村一輝)が外国人留学生グエンを脅して、証言を強要する動画が届いた。

実は、望月彩子が外国人留学生グエンをサンライズフーズで雇うという条件で味方に付け、河原三雄(北村一輝)との会話を録画させていたのだ。

この動画により、河原三雄(北村一輝)は捜査本部から外された。

さて、日高陽斗が妹の事を心配していたので、望月彩子は意外に思い、「どうして人殺しをするの?動機は何?」と尋ねると、日高陽斗は「動機も理由も無いですよ。ただ、突然、殺したくなるんです。そんなことを知ってどうなるんです」と答えた。

望月彩子は「知りたいから。日高陽斗という人物を知りたいから」と告げたが、日高陽斗は電話を切った。

その日の夜、渡辺陸(柄本佑)は、望月彩子(体)が公園のコインロッカーを利用している所を目撃したのだった。

天国と地獄-サイコな2人-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する