オー!マイ・ボス(ボス恋)-第5話のあらすじとネタバレ

TBSのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の第5話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第4話のあらすじは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■オー!マイ・ボス-第5話のあらすじとネタバレ

鈴木奈未(上白石萌音)は、雨に打たれながら子犬のように待っていた潤之介(玉森裕太)を部屋に連れ帰ると、乾いている服に着替えさえた。

服を着替えた潤之介(玉森裕太)は、「好きだよ」と言い、鈴木奈未(上白石萌音)を抱きしめたのだが、疲れていた潤之介は、そのまま寝落ちしてしまった。

「好きだよ」と言われた鈴木奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)の寝顔を見つめながら、一人で幸せをかみしめたのだった。

さて、鈴木奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)との結婚の妄想をしていたが、仕事中だったので、宝来麗子(菜々緒)に一喝されて我に返り、「編集長が結婚を許してくれるはずがない」と落ち込んだ。

しかし、鈴木奈未(上白石萌音)は、宝来麗子(菜々緒)が編集アシスタントの和泉遥(久保田紗友)を評価している事を知ると、和泉遥のように仕事を頑張れば、自分も認めてもらえると考えた。

そこで、鈴木奈未(上白石萌音)は、和泉遥(久保田紗友)が担当するはずだった社内報の原稿を買って出て、原稿を書き始めるのだった。

さらに、鈴木奈未(上白石萌音)は、和泉遥(久保田紗友)の雑用を引き受け、インタビューで使う衣装をスタイリストに届けるため、ホテルへと向かうのだった。

一方、副編集長の宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリア)は、ライバル誌の編集長・高橋麻美(高橋メアリージュン)と会っていた。

高橋麻美は株主の情報を宇賀神慎一に渡し、「どうがんばっても廃刊は免れないのに」と宝来麗子(菜々緒)を哀れんだ。

さて、鈴木奈未(上白石萌音)は、ホテルに向かうバスの中で、潤之介(玉森裕太)とメールをしていたが、途中で返信に困ってしまう。

確かに「好きだよ」と言われたが、「付き合おう」とは言われていない。

鈴木奈未は「私たちは、付き合っている、でいいのだろうか」と疑問に思うが、潤之介に質問する事が出来なかった。

さて、ホテルに着いた鈴木奈未は、フロントでスタイリストの部屋番号を聞こうとしたが、衣装を運んでいる人を見かけたので、フロントでは聞かず、その人に衣装を預けた。

そして、インタービューをする蓮見理緒(倉科カナ)を見かけたので、担当の中沢涼太(間宮祥太朗)が遅れてくることを謝罪した。

そこで、蓮見理緒は鈴木奈未を昼食に誘い、2人で昼食を食べていると、恋愛話になった。

そこで、鈴木奈未が「彼氏から好きだと言われたが、付き合おうとは言われていない」と悩みを打ち明けると、蓮見理緒が恋愛のアドバイスをしたのだった。

その後、鈴木奈未(上白石萌音)が会社に戻ると、副社長の宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリア)から「お昼何を食べるかで悩んでるの?」と声をかけられた。

そこで、鈴木奈未が「副社長ならデートはどこに行きますか?」と尋ねると、宇賀神慎一は「水族館のチケットを2枚もらったから、今度、編集室へ届けるよ」と約束して別れた。

ある日、鈴木奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)から「実家からカニが届いたから、お裾分けするよ」というメールが届いたので、蓮見理緒(倉科カナ)のアドバイスを実行するチャンスだと考えた。

そこで、鈴木奈未は潤之介の部屋に行くと、潤之介に「付き合おう」と言わせるため、色々と誘導尋問をするが、全てダメだった。

どうやら、潤之介は「天然タイプ」のようなので、蓮見理緒のアドバイス通り、直球勝負に出て、鈴木奈未は潤之介に「私、言葉で言って欲しいの」と頼んだのだが、そこへ、宝来麗子(菜々緒)がカニを取りに来た。

鈴木奈未は慌ててソファーの影に隠れると、宝来麗子が潤之介に「継ぐ気はあるの」と言い、実家の話しをし始めた。

潤之介の実家は「宝来製紙」というらしい。

鈴木奈未は何か聞き覚えのある会社だと思い、近くにあったテッシュペーパーを見てみると、製造元が「宝来製紙」だったので、驚いて音を立てしまい、宝来麗子に見つかってしまう。

そこで、潤之介(玉森裕太)は宝来麗子(菜々緒)に、鈴木奈未(上白石萌音)との関係を打ち明けようとしたが、鈴木奈未は慌てて「カニを取りに来ただけ。それ以外に目的は無い」と釈明したので、潤之介は「カニだけ?」と落ち込んだのだった。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)の第5話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する