おちょやん-最終回(第24週)は5月14日

NHKの朝ドラ「おちょやん」の最終回が2021年5月14日(金曜日)に決定しました。

■おちょやん-最終回は5月14日

朝ドラ「おちょやん」は、前作「エール」が外出自粛要請などの影響で放送を中断したため、2ヶ月遅れの2020年11月30日に放送を開始していた。

しかし、次に放送する「おかえりモネ」が予定通りに4月から放送を開始することから、「おちょやん」は3月末で打ち切りになるという噂が流れてしました。

ところが、NHKが「おかえりモネ」の放送開始日は5月17日(月曜日)だと正式に発表したため、「おちょやん」の最終回(第23週)は5月14日となりました。

予定よりも2週短縮ということになるのですが、2週程度ならストーリー的に大きな影響は無いと思います。

しかし、放送期間が延びたからと言って良いことばかりで、ありません。魔のゴールデンウイークが最終週に直撃してるのです。

スポンサードリンク

■ゴールデンウイークが直撃

ちょうど、ゴールデンウイークが4月29日から5月5日までなので、「おかえりモネ」の最終週にゴールンウイークが直撃しています。

在宅率が高ければいいのですが、みんなストレスが溜まっているだろうし、暖かくなってきたので、遊びに行く人も多くなるかも知れません。

さらに、go toキャンペーンの再開の噂もあるので、下手をすればゴールデンウイークの影響で、最終回の視聴率はボロボロになるという可能性もあります。

おそらく、「おかえりモネ」はゴールデンウイークを避けるために放送開始日をずらしたのではないでしょうか。

■カットされそうなエピソード

「おちょやん」のモデル浪花千栄子は晩年、新興宗教を熱心に信仰しており、毎朝、1時間かけて念仏を唱えるエピソードがあるのですが、2週短縮ならカットされるかもしれません。

浪花千栄子は、離婚した2代目・渋谷天外を恨み続けており、NHKの番組で共演して「和解」をするのですが、それは表面上の和解であり、番組の週力が終わると、ディレクターが急いで2人を引き離したというエピソードがあります。これもカットになると思います。

また、離婚した2代目・渋谷天外が倒れたときに、その知らせを聞いた浪花千栄子は、念仏を唱えて「罰があたりましたんや。天罰!死になはれ」と言うエピソードがあるのですが、短縮になるので、これもカットされるかもしれません。

なお、「おちょやん」のモデルやネタバレは「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する