おかえりモネ-永浦耕治(ながうら・こうじ/内野聖陽)のネタバレ

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の永浦耕治(ながうら・こうじ/内野聖陽)のネタバレです。

■永浦耕治(内野聖陽)のネタバレ

永浦耕治
永浦耕治(内野聖陽)は宮城県気仙沼市の漁師の息子として生まれたが、家業の漁業は継がずに銀行員となり、永浦亜哉子(鈴木京香)と結婚し、永浦百音(清原果耶)と永浦未知(蒔田彩珠)が生まれた。

永浦耕治(内野聖陽)は、若い頃にトランペットを吹いていたので、永浦百音(清原果耶)が音楽付きになる切っ掛けとなる。

やがて、永浦百音(清原果耶)は気仙沼で暮らし始めるのだが、永浦耕治(内野聖陽)は永浦百音の事が心配で、居ても立っても居られないのだった。

スポンサードリンク

■出生の秘密

永浦耕治は、実家が漁業を営んでいるのに、なぜ「耕す」という農業を連想させる漢字が名前に入っているのか。実子ではなく養子なのかも知れない。

■永浦耕治のキャストのネタバレ

百音の父・永浦耕治を演じるのは内野聖陽です。

内野聖陽は、神奈川県横浜市出身、昭和43年(1968年)9月16日生まれです。

内野聖陽は横浜の名門「雲松院(うんしょういん)」の長男として生まれたのですが、役者を志していたため、実家の「雲松院」を継がずに、役者の道へと進みました。

百音の父・永浦耕治は家業の漁師を継がずに銀行員になった辺りは、内野聖陽がモデル担っているのではないかと考える。

さて、内野聖陽は平成8年(1996年)の朝ドラ「ふたりっ子」にも出演しており、朝ドラ出演は今回の「おかりモネ」が2度目となる。

内野聖陽は、ドラマ「臨場」などに出演。ドラマ「仁」の坂本龍馬を演じて大きな話題を呼んだ。主演を務めたドラマ「トンビ」は最終回の視聴率20.3%を記録した名作である。

スポンサードリンク

コメントを投稿する