天国と地獄-サイコな2人-第5話のあらすじとネタバレ

綾瀬はるかが主演するTBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」の第5話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじは「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第4話のあらすじとネタバレは「天国と地獄-サイコな2人-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■天国と地獄-第5話のあらすじとネタバレ

望月彩子(体)がコインロッカーを使っているのを見て不思議に思った渡辺陸(柄本佑)は、望月彩子(体)がお風呂に入っている間に、粘土を使ってコインロッカーの鍵を複製し、コインロッカーを開けた。

一方、望月彩子は、連続殺人事件に真犯人が居るのではないかと考えたが、日高陽斗は「真犯人は他に居る。そう思いたい気持ちは分りますが、それを希望的観測と言うのですよ。好奇心は猫を殺す」と答えた。

さて、コインロッカーの中身を見た渡辺陸(柄本佑)は、日高陽斗充ての手紙を読み、日高陽斗(体)の元を訪れ、同居人の使っているコインロッカーを明けた事を打ち明けた。

日高陽斗(体)が答えに困って指をトントンすると、渡辺陸(柄本佑)は日高陽斗(体)の癖を見て望月彩子のようだと思うのだった。

そのようななか、日高陽斗(体)が犯人だという情報がインターネット掲示板に書き込まれたため、「コ・アース」は契約を切られたりして、大騒動となっていた。

警察発表されてしない「Φ(ふぁい)」の事まで掲示板に書かれていたので、驚いた望月彩子は、社員にテキパキと指示を出すと、日高陽斗に電話し、「どうなってるのよ。誰かに怨まれたりしてないの」と事情を尋ねが、日高陽斗も事情が分らなかった。

そこで、望月彩子は「Φの事まで書かれてるから、情報を売ってる警官が居る可能性が高い。私は情報を買った方を調べるから、貴方は情報を売った方を調べて」と頼んだ。

さて、日高陽斗はコインロッカーの確認に行くと、ドアに挟んでいた紙が落ちていたので、誰かがロッカーを明けた事に気付いた。

そこで、日高陽斗は帰宅すると、それとなく、渡辺陸(柄本佑)にコインロッカーの鍵について尋ねるのだが、驚きながらも、渡辺陸は「見てないよ」と答えるのだった。

渡辺陸が「コインロッカーなんて使ってるの?」と尋ねると、日高陽斗は「事件の証拠品を保管している。出すべきタイミングというのがある。そうしないと出世できない」と答えた。

それを聞いた渡辺陸は「そういうことなんだ」と納得したので、日高陽斗は渡辺陸が犯人だと気づき、セキュリティーのしっかりとしたコインロッカーに荷物を移すのだった。

一方、捜査を外された河原三雄(北村一輝)は、日高陽斗と望月彩子の関係を疑い、3年前に神奈川県で起きた一ノ瀬正造殺人事件の資料を読み返していると、事件当時に目撃された不審者の似顔が出てきた。

その似顔絵は非常に特徴的だったので、同僚は漫画のキャラクターに似ている事に気付き、嘘の目撃証言をしたのではないかと言った。

そこで、河原三雄(北村一輝)は、目撃証言をした戸田一希に会いに行った。

翌日、望月彩子は、渡辺陸(柄本佑)を呼び出して、日高陽斗と体が入れ替わっている事を打ち明けると、渡辺陸はすんなりと入れ替わりを受け入れ、望月彩子(体)の様子がおかしかった理由が分ったと納得した。

そして、渡辺陸は望月彩子(体)とチョメチョメした事を思いだし、体が入れ替わって言うということは、日高陽斗とチョメチョメしたことになる事に気付き、激しく動揺するのだった。

さて、望月彩子は「貴方と一緒に住んでいるのは、殺人を起こした可能性が高い人間ということ。アンタは犯行の証拠品を見た。それを日高に知られたら、どうなると思う?どんな理由を付けてでも、今すぐにあの部屋から出て」と頼み、ロッカーの合鍵を受け取った。

そして、望月彩子は、渡辺陸が読んだロッカールームの、日高陽斗宛ての手紙の内容を尋ねると、渡辺陸は「明日3時。学校のそばの歩道橋で待っています。」と書いてあった事を教え、差出人や切手も無く、子供の頃に貰ったラブレターのような感じだったと話した。

すると、望月彩子は「ありがとう。参考になった。脱出したら連絡をちょうだい」と礼を言うと、渡辺陸は「彩子ちゃんって、本当に刑事なんだね」と感心した。

天国と地獄-サイコな2人-第5話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する