君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ

笠松将が出演する日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」の第5話のあらすじとネタバレです。

第4話のあらすじは「君と世界が終わる日に-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ

等々力比呂(笠松将)は間宮響(竹内涼真)をグループから追放したが、グループのメンバー全員が間宮響に付いていくことを選んだ。

グループのリーダーとなった間宮響(竹内涼真)は、喘息の三原結月(横溝菜帆)のために、病院に立ち寄り、薬を探すが、何者かが全ての薬を持ちさった後で、喘息の薬は無かった。

一方、横須賀駐屯地では、検査が終わっても安全地帯に運んでもらえない民間人たちが、「話が違う」と不満を漏らしていた。

自衛隊は陰性と判明した民間人を安全地区へと輸送していたのだが、バスは1台も帰ってこず、何が起きたのか把握できていなかった。

さて、グループから離れた等々力比呂(笠松将)は、自衛官に変装して横須賀駐屯地に紛れ込むと、基地内で治療にあたっていた小笠原来美(中条あやみ)に会う。

小笠原来美が等々力比呂に間宮響(竹内涼真)の事を教えて欲しいと懇願すると、等々力比呂は間宮響が死んだと、嘘を教えた。

すると、小笠原来美はショックを受けて行方不明になってしまい、等々力比呂は自衛隊に捕まり、ニセ自衛官だとバレて、部屋に監禁されてしまった。

その後、事情を知った首藤公貴(滝藤賢一)は、屋上から飛び降りようとしていた小笠原来美(中条あやみ)を確保するが、小笠原来美は「死なせてください」と頼んだ。

しかし、首藤公貴(滝藤賢一)は死ぬ事を許さず、小笠原来美(中条あやみ)が持ち場を離れたせいで、子供がゾンビウイルスに感染してしまったことを教え、「間宮の事は全てを忘れて医療に全てを身を捧げるんです。生ける屍のように」と告げた。

そして、首藤公貴(滝藤賢一)は、小笠原来美(中条あやみ)の体にはゾンビウイルスに関する特殊な遺伝子が備わっている事を明かし、小笠原来美の遺伝子を研究すれば、ゾンビウイルスのワクチンが開発できるのだと教えた。

さて、間宮響(竹内涼真)は、グループを安全な場所に避難させると、グループから離れて、喘息の薬を探すために病院を目指した。

すると、間宮響(竹内涼真)は、横浜から来た記者たちと出会う。

そのうちの1人・狛江聡(長谷川朝晴)が、妻を探していると言い、間宮響(竹内涼真)に写真を見せると、写真には三原紹子(安藤玉恵)と三原結月(横溝菜帆)が写っていた。

そこで、間宮響(竹内涼真)は、狛江聡(長谷川朝晴)にグループが隠れている場所を教えて別れ、薬を手に入れるため、病院を探した。

君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する