首藤公貴(滝藤賢一)が小笠原来美でゾンビウイルス実験

竹内涼真が出演する日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」の第5話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ後編

さて、病院を見つけた間宮響(竹内涼真)は、病院へ侵入して喘息の薬を探していると、自衛隊が来て、根こそぎ薬を回収していた。

間宮響(竹内涼真)は、なんとか喘息の薬を確保するが、自衛隊に見つかり、その薬も落としてしまう。

さて、地図を書いてもらった狛江聡(長谷川朝晴)は、グループと合流するのだが、三原紹子(安藤玉恵)の夫ではなく、本当は既に離婚していた。しかも、狛江聡はDV夫だったのである。

その後、間宮響(竹内涼真)がグループに戻ると、狛江聡(長谷川朝晴)がゾンビに噛まれおてり、拘束されていた。

しかも、三原紹子(安藤玉恵)が狛江聡(長谷川朝晴)を殺すために、ゾンビが襲ってきそうな血の付いた船に連れて行き、ゾンビに狛江聡を襲わせたのだという。

しかし、娘の三原結月(横溝菜帆)が「ママじゃない」と言い、自分が狛江聡(長谷川朝晴)を血の付いた船に連れて行き、狛江聡をゾンビに襲わせた事を明かした。

甲本洋平(マキタスポーツ)が「父親を殺す何で異常だ」と驚くと、三原結月(横溝菜帆)は「みんなだって、ゴーレム(ゾンビ)を殺すでしょ。私もママを守る為にパパを殺した。何が違うの」と反論した。

すると、三原紹子(安藤玉恵)は、土下座をして、「この子は何も分っていない。私が警察に行きます。私がやったことにしてください」と懇願した。

しかし、間宮響(竹内涼真)は「何が正しくて、何が正しくないのか、俺も分らなくなっている。俺も同じ事をやったと思う。今回やったことは全て忘れよう。俺が責任を取ります」と言い、全員に今回の事は全て忘れるように頼んだ。

そして、間宮響(竹内涼真)はグループを率いて、横浜のゲートへと到着するが、ゲートの向こうもゾンビだらけだった。

既にゾンビウイルスは進化しており、空気感染するようになっていたのだ。

柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らは、もう逃げ場が無いと絶望するが、間宮響(竹内涼真)は「生き延びるには手段を選べない」と言い、横須賀駐屯地へ行くことに決めたのだった。

一方、首藤公貴(滝藤賢一)は、小笠原来美(中条あやみ)の協力を得て、ゾンビウイルスのワクチン開発を開始するのだった。

君と世界が終わる日に-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する