着飾る恋には理由があって-原作とあらすじとネタバレ

TBSの恋愛ドラマ「着飾る恋には理由があって」の原作とあらすじとネタバレです。

着飾る恋には理由があって

■着飾る恋には理由があって-原作と主題

着飾る恋には理由があって-原作と主題歌
主題歌 星野源の「不思議」
原作 金子ありさのオリジナル脚本
放送局 TBS
放送時間 火曜日の夜10時枠
放送開始日 2021年4月
出演者 川口春奈・横浜流星・向井理

スポンサードリンク

■着飾る恋には理由があって-あらすじとネタバレ

インテリアメーカー「エル・アルコ・イリス」の広報部で働く真柴くるみ(川口春奈)は、SNSを担当しており、Twitterに投稿を続け、フォロワー数10万人を目前としていた。

真柴くるみ(川口春奈)は、社長・葉山祥吾(向井理)の事が好きで、社長の役に立ちたいと思い、毎日、毎日、公私を忘れてSNSを頑張っていた。

そんな、真柴くるみ(川口春奈)はバスに載っている時によろめいて、藤野駿(横浜流星)にぶつかってしまい、慌てて謝罪する。

その後、真柴くるみ(川口春奈)はバスを降りたが、下りるバス停を間違えてしまい、困っていると、バスでぶつかった藤野駿(横浜流星)がキッチンカーで通りかかり、声をかけてくれ、車で送ってくれた。

さて、インターネット販売を専業としていた「エル・アルコ・イリス」は、始めて路面店を出店するため、セレモニーの準備に追われおり、真柴くるみ(川口春奈)はマンションの契約更新を忘れてしまい、部屋を退去しなければならなくなった。

真柴くるみ(川口春奈)は、留学に出発する知人・早乙女香子(夏川結衣)から、部屋を5万円で借りないかと誘われていたので、早乙女香子の好意に甘えて部屋を借りることにした。

こうして、真柴くるみ(川口春奈)は、早乙女香子(夏川結衣)の豪華なマンションへ引っ越すのだが、何故かバスで会った藤野駿(横浜流星)が部屋に居た。

他にも、オンラインカウンセラーの寺井陽人(丸山隆平)と、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)も居り、4人でのルームシェアだと判明する。

真柴くるみ(川口春奈)は驚くが、早乙女香子(夏川結衣)は「言ったはずよ。こんな広いマンションを5万で借りられるわけないでしょ」と呆れた。

早乙女香子(夏川結衣)は3週間後に留学に出発するので、それまでは5人でのルームシェアをすることになった。

さて、広報課の新人・秋葉亮(高橋文哉)が、オープニングセレモニーのケータリングの予約でミスをしており、予約が取れていなかった。

そこで、真柴くるみ(川口春奈)はフォローに回り、一緒にケータリングの店を探すが、オープニングセレモニーは2日後なので、なかなか店が見つからない。

そのようななか、社長の葉山祥吾(向井理)が居なくなったと言われ、真柴くるみ(川口春奈)は行き先の店を回り、葉山祥吾を発見する。

真柴くるみ(川口春奈)は葉山祥吾(向井理)の事を何でも知っていたので、葉山祥吾が驚くと、真柴くるみは「職務ですから」と答えた。

そのとき、桜の話になると、真柴くるみ(川口春奈)は葉山祥吾(向井理)から「路面店のオープン初日を無事に迎えたら、一緒に観に行こう」と誘われた。

真柴くるみ(川口春奈)は、7年前に雑誌で葉山祥吾(向井理)を見てから、葉山祥吾の事が好きだったので、大喜びするのだった。

さて、ケータリングの店が見つからない真柴くるみ(川口春奈)は、カレーのキッチンカーを出している藤野駿(横浜流星)にケータリングを頼んだ。

しかし、藤野駿(横浜流星)は、嫌いなことはやらない、無駄な物は持たない主義のミニマリストだったので、「月に純利益10万を稼げば、店は出さない」と言い、断った。

そこに居合わせた寺井陽人(丸山隆平)が「車をメンテナンスしてたから、今月はまだ10万円行ってないんじゃないか」と指摘すると、藤野駿(横浜流星)は渋々、ケータリングを引き受けた。

真柴くるみ(川口春奈)は早速、試作品を頼むが、インスタ映えのしない地味なカレーだったので、もう少し鮮やかに飾って欲しいと注文した。

藤野駿(横浜流星)は「いいから食べろ」と言うが、真柴くるみ(川口春奈)はカレーを食べずに、料理に注文を付けた。

すると、怒った藤野駿(横浜流星)は、SNSなんて関係無い、やりたくない仕事はやらないと言い、ケータリングの仕事から降りた。

寺井陽人(丸山隆平)は「何もかもを切り捨てて、全て無かったことにしようとしても、なくならないぞ」と助言するが、藤野駿(横浜流星)は聞き流し、部屋に戻ると、ベッドに倒れ込み、何かを考えた。

着飾る恋には理由があって-ネタバレの後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。