蓮見理緒(倉科カナ)の病気のネタバレ

TBSのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の蓮見理緒(倉科カナ)の病気のネタバレです。

■蓮見理緒(倉科カナ)の病気のネタバレ

ボス恋の第6話で、蓮見理緒(倉科カナ)が「音楽家ジストニア」という病気だと判明した。

「ジストニア」というのは、本人の意思に関係無く、長時間、筋肉が収縮してしまい、異常な姿勢になってしまう病気である。

その中でも、蓮見理緒(倉科カナ)の病気は、部分的に症状が現われる職業性の「音楽家ジストニア」に分類される。

蓮見理緒(倉科カナ)が脳神経外科から出てきたときは、脳腫瘍かなにかで死亡フラグが立ったのかと思っていていたのだが、「音楽家ジストニア」なら死ぬ可能性は無さそうだ。

■潤之介(玉森裕太)と元サヤか
蓮見理緒(倉科カナ)は別れ際に泣きながら潤之介(玉森裕太)の胸に飛び込み、潤之介は蓮見理緒を抱きしめた。

潤之介と交際を開始していた鈴木奈未(上白石萌音)は、それを目撃してしまい、ショックを受けて泣く。

しかし、中沢涼太(間宮祥太朗)が潤之介に宣戦を布告して、鈴木奈未に告白した。

元カノとはいえ、潤之介は病気の蓮見理緒を放っておけないと思うので、いったんは2人がくっつき、鈴木奈未も中沢涼太と交際を開始するという展開になるのだろう。

スポンサードリンク

コメントを投稿する