レッドアイズ-鳥羽和樹(高嶋政伸)の考察とネタバレ

日本テレビのドラマ「レッドアイズ・監視捜査班」の鳥羽和樹(とば・かずき/高嶋政伸)の犯人と黒幕ネタバレです。

■鳥羽和樹(高嶋政伸)の考察とネタバレ

「レッドアイズ」の第4話で、「鳥羽メンタルクリニック」の精神科医(心理カウンセラー)・鳥羽和樹(高嶋政伸)が登場した。

鳥羽和樹

伏見響介(亀梨和也)の美保(小野ゆり子)を殺害した犯人(青いコートの男)は、精神科医の鳥羽和樹(高嶋政伸)で間違いないだろう。

これまでに各話で事件を起こして逮捕されてい人たちは、鳥羽和樹(高嶋政伸)に洗脳された患者だと考えられる。

第4話で犯人(青いコートの男)の正体が判明したので、これは単なる犯人捜しのドラマではなく、単純に黒幕や内通者を推理するドラマになるのか、犯人を明かしてのサスペンス展開になるのか、その辺はもう少しストリーリーが進まないと判断できない。

奥州寛治(矢島健一)は、島原由梨(松下奈緒)に鳥羽和樹(高嶋政伸)のカウンセリングを受けるように指示したので怪しいが、あまりにも露骨に怪しいので、おそらく黒幕ではないだろう。

単純に推理すると、伏見響介(亀梨和也)をKSBCに呼び寄せたのは、KSBCのセンター長・島原由梨(松下奈緒)なのだから、島原由梨が黒幕か内通者だと思う。

スポンサードリンク

■名前は関係あるのか

「レッドアイズ」の登場人物は、歴史上で起きた有名な戦い(地名)になってる。

伏見響介(亀梨和也)→伏見の戦い
鳥羽和樹(高嶋政伸)→鳥羽の戦い
島原由梨(松下奈緒)→島原の乱
長篠文香(趣里)→長篠の戦い
山崎辰二郎(木村祐一)→山崎の合戦
湊川由美子(シシド・カフカ)→湊川の戦い
姉川保(長田成哉)→姉川の合戦
奥州寛治(矢島健一)→奥州合戦
小牧要(松村北斗)→小牧の戦い
長久手智亮(川瀬陽太)→長久手の戦い
結城美保(小野ゆり子)→結城合戦
大塩はるか(髙橋ひかる)→大塩平八郎の乱
石津渉(福澤重文)→石津の戦い

第4話で、鳥羽和樹(高嶋政伸)が登場したので、伏見響介(亀梨和也)と合わせて、「鳥羽・伏見の戦い」が完成する。

また、小牧要(松村北斗)と長久手智亮(川瀬陽太)を合わせて、「小牧・長久手の戦い」が完成する。

鳥羽和樹が「青いコートの男」で、伏見響介の婚約者・結城美保(小野ゆり子)を殺害しているので、「鳥羽・伏見の戦い」と「小牧・長久手の戦い」のラインは重要な接点になると考えられる。

ただし、名前はドラマの内容と全く関係の無い場合もある。

たとえば、2000年にフジテレビで放送していたドラマ「10の約束」でも、福島県や戊辰戦争(会津戦争)に関係している地名の名前が付いていたので、名前から色々と考察したのだが、名前とドラマの内容は全く関係が無かった。

たしか、「10の約束」の場合は、脚本家が競馬のファンで、名字が地名で、名前が騎手の名前になっていたというオチだった。

まだ、第4話が終わった時点で、これからまだ、怪しい人物が登場する可能性もあるので、色んな可能性を考えながら、黒幕を考察したいと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する