大豆田とわ子と三人の元夫-原作とあらすじとネタバレ

松たか子が主演するフジテレビのドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)」の原作とあらすじとネタバレです。

大豆田とわ子と三人の元夫

■大豆田とわ子と三人の元夫-原作と主題歌

大豆田とわ子と三人の元夫-原作と主題歌
主題歌 「Presence I」
原作 坂元裕二のオリジナル脚本
放送局 フジテレビ
放送時間 火曜日の夜9時枠
放送開始日 2021年4月
出演者 松たか子・松田龍平・岡田将生

スポンサードリンク

■大豆田とわ子と三人の元夫-あらすじとネタバレ

建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任した大豆田とわ子(松たか子)は、3回の離婚経験があり、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・大豆田唄(豊嶋花)と2人暮らしをしていた。

ある日、大豆田唄(豊嶋花)が死んだ祖母のパソコンを開こうとすると、パスワードがかかっていた。

合い言葉は「始めて飼ったペットの名前は」だった。

元夫の誰かかが設定したらしい。

パソコンには、祖母の葬儀の希望が入っているので、パソコンを解除しないと葬儀ができない。

大豆田とわ子(松たか子)は大豆田唄(豊嶋花)からパスワードを聞いてくるよう頼まれるが、気が進まなかった。

離婚した3番目の夫・中村慎森(岡田将生)は理屈っぽい嫌味な弁護士で、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は、みすぼらしいカメラマンだった。

1番目の夫・田中八作(松田龍平)は、会社を辞めて、レストランのオーナー兼ギャルソンになっていた。

元夫3人は今でも大豆田とわ子(松たか子)が好きらしく、大豆田とわ子(松たか子)がパスワードを尋ねた事で、再び大豆田とわ子と接点を持つのだった。

そのようななか、大豆田とわ子(松たか子)は、置き引きに遭い、カバンを持ち逃げされるのだが、イケメン船長・健正(斎藤工)がカバンを取り戻してくれた。

大豆田とわ子(松たか子)は船長・健正(斎藤工)とラインで盛り上がり、食事に誘われたので、ウキウキして食事に行くが、船長が電話で席を外した隙に、ウエイターが「貴女で5人目だ。あの男は、食事が終わると、母親の治療費が足りないと言ってくる」と教えてくれた。

ショックを受けた大豆田とわ子(松たか子)は、船長の誘いを断って帰るのだった。

ある日、大豆田とわ子(松たか子)は徹夜の仕事から疲れて帰っていると、寝ぼけて工事現場の穴に落ちて泥だらけになってしまう。

そこへ、通りかかった1番目の夫・田中八作(松田龍平)は、大豆田とわ子(松たか子)を自宅に招いて風呂に入れ、服を乾かすのだった。

それを知った3番目(岡田将生)と2番目(角田晃広)が1番目(松田龍平)の自宅に駆けつけるが、1番目(松田龍平)は大豆田とわ子(松たか子)を流し台の中に隠して、2人に大豆田とわ子は来ていないと言った。

3番目(岡田将生)と2番目(角田晃広)は、それを信じず、家捜しをするが、大豆田とわ子(松たか子)を見つけることが出来なかった。

すると、大豆田とわ子(松たか子)に未練がある元夫3人は、大豆田とわ子の事を巡って口論なり、リビングで大豆田とわ子を巡る話し合い「元夫会議」を始めるのだった。

流し台の中で話を聞いていた大豆田とわ子(松たか子)は、流し台の中から出て、「4番目の結婚もあるかなって。でも、それは貴方たちじゃありません」と宣言して、帰ろうとするが、柱に小指をぶつけてしまい、その場にうずくまるのだった。

その後、無事にパソコンのポスワードが解除されたので、母親の葬儀が行われ、1番目(松田龍平)・2番目(角田晃広)・3番目(岡田将生)も葬儀に参列したのだった。

■1番目の夫・田中八作(松田龍平)ネタバレ

田中八作(松田龍平)は、何もしなくても女性にモテてモテて仕方ないというモテ体質で、親友・出口俊朗(岡田義徳)の彼女・三ツ屋早良(石橋静河)と恋に落ちてしまうが、親友の事を考えて苦悩する。

三ツ屋早良は、出口俊朗に別れを告げようとすると、田中八作はそれを遮り、出口俊朗に「アンナ女は止めておけ」と忠告するのだった。

その後、出口俊朗は三ツ屋早良から連絡が来なくなり、自然消滅した事を報告すると、田中八作は三ツ屋早良から告白された事を打ち明け、交際は断った事を明かした。

そのようななか、田中八作は、靴下の破れていた綿来かごめ(市川実日子)の事が気になるようになるのだった。

スポンサードリンク

■2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)のネタバレ

佐藤鹿太郎(角田晃広)はファッションカメラマンで、仕事で知り合った女優・古木美怜(瀧内公美)から台詞の練習の相手を誘われ、良い感じになるが、騙されていた事が発覚する。

実は、古木美怜(瀧内公美)は、ある男性と不倫をしているのだが、週刊誌に狙われており、不倫が発覚すると、女優生命が終わっていまう。

しかし、不倫相手の男性は佐藤鹿太郎(角田晃広)とソックリなうえ、佐藤鹿太郎は独身なので、相手が佐藤鹿太郎なら交際が発覚しても問題は無かった。

そこで、古木美怜は、佐藤鹿太郎に自分と交際する振りをして、不倫の隠れ蓑になって欲しいと頼んだのである。

こうして、佐藤鹿太郎は古木美怜に頼まれて、恋人のフリをする。

しかし、古木美怜は彼氏と破局し、佐藤鹿太郎に「普通の恋がしたい」と告白するが、佐藤鹿太郎は「私なんて恐れ多い」と辞退しようとするが、その瞬間を週刊誌のカメラマンに撮られてしまうのだった。

■3番目の夫・中村慎森(岡田将生)のネタバレ

中村慎森(岡田将生)は弁護士で、公園で寝ていたホームレスの女性・小谷翼(石橋菜津美)と出会う。

小谷翼は派遣切りで仕事をクビになり、住むところも無いので、公園で寝泊まりしているといい、弁護士になって欲しいと頼むが、中村慎森は「僕には人を幸せにする機能が備わっていない」と拒否した。

しかし、中村慎森は元妻・大豆田とわ子(松たか子)との交流で成長し、小谷翼の弁護士を引き受けるのだった。

ところが、小谷翼の証言は嘘ばかりで、呆れた中村慎森は目的を問いただすと、小谷翼は「貴方に近づくための嘘だった。私が誰だか分らないの?」と問う。

その後、中村慎森がいつも泊っているビジネスホテルに戻ると、小谷翼が働いていた。なんと、小谷翼は2年前から、このホテルで働いており、いつも中村慎森と顔を合せていたのだった。

スポンサードリンク

■大豆田とわ子のネタバレ

大豆田とわ子(松たか子)は「ウイゲート」と新しい仕事を手がけていたが、ウイゲートの社長・門谷からのプロポーズを断ると、社長・門谷は追加予算を認めなかった。

このままでは、「しろくまハウジング」は1億円以上の損失を抱えてしまう。

大豆田とわ子は「ウイゲート」へと交渉へ行くが、社長・門谷は「ご自分は私の話を拒絶したくせに」と呆れた。

大豆田とわ子は「アレは仕事とは関係ありませんよね?」と言い、追加予算の話しをしようとすると、社長・門谷は「話しがあるのなら、乗ってください。どうします?」と言い、車に乗るように促した。

すると、大豆田とわ子は、社長・門谷の車の助手席に乗ったのだった。

  1. 着飾る恋には理由があって-あらすじとネタバレ
  2. リコカツ-あらすじとネタバレ
  3. 恋はDeepに-あらすじとネタバレ

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。