君と世界が終わる日に-第6話のあらすじとネタバレ

日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」の第6話のあらすじとネタバレです。

第5話のあらすじとネタバレは「君と世界が終わる日に-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■君と世界が終わる日に-第6話のあらすじ

間宮響(竹内涼真)らは船で横須賀駐屯地を目指したが、燃料切れで漂流してしまい、近くにあった島に流れ着いた。

一方、小笠原来美(中条あやみ)は、首藤公貴(滝藤賢一)の研究に参加したが、薬を注射され、意識がもうろうとしていた。

他方、自衛隊の司令官・牛込浩二郎(神保悟志)は、横須賀駐屯地に居ても危険が増すばかりだと言い、安全な場所へ避難することを決める。

しかし、首藤公貴(滝藤賢一)は「ワクチンの開発はどうするんですか?十分な電源の確保できない移動は研究失敗のリスクが伴う」と反対した。

牛込浩二郎(神保悟志)は「ワクチンよりも安全の方が大事だ」と告げるが、他の幹部が首藤公貴(滝藤賢一)の意見を支持して、避難に反対した。

それでも、牛込浩二郎(神保悟志)は司令官としての権限で、避難を指示するのだった。

さて、近くの島に流れ着いた間宮響(竹内涼真)らが、島に上陸すると、刀集団のメンバーが島で生活していた。

そこで、間宮響(竹内涼真)は「迷惑はかけない。島に居させて欲しい」と交渉するが、刀軍団のリーダーは拒否した。

しかし、刀軍団には怪我人が居り、薬が必要だったので、間宮響(竹内涼真)は横須賀駐屯地へ行って薬を取ってくると言って交渉し、同居を許可された。

間宮響(竹内涼真)らが与えられた部屋には、先に御前崎(宇野祥平)という男性が、住んでいた。

御前崎(宇野祥平)は、日韓新興感染症対策機構で働いていた事があり、首藤公貴(滝藤賢一)の部下だったらしい。

一方、横須賀駐屯地では、安全な場所への避難を強行しようとしていた司令官の牛込浩二郎(神保悟志)の姿が見えなくなっていた。

さらに、横須賀駐屯地に収容されている民間人が、自分たちだけでも安産地帯へ行くと言い、騒ぎ出していたが、首藤公貴(滝藤賢一)は輸送バスが戻ってこないので、感染が広がっている可能性があると言い、ワクチンを研究中なので、横須賀駐屯地に居るのが一番、安全だと教え、民間人の不満を沈めた。

さて、間宮響(竹内涼真)と柊木佳奈恵(飯豊まりえ)は、島の地下通路を使って横須賀駐屯地へと侵入し、薬を手に入れて戻ろうとした。

そのとき、間宮響(竹内涼真)は、小笠原来美(中条あやみ)を見かけたのだが、少し目を離した隙に小笠原来美が居なくなってしまった。

そこで、間宮響(竹内涼真)は薬を柊木佳奈恵(飯豊まりえ)に渡して、先に帰るように言い、小笠原来美を探しに行った。

さて、小笠原来美を連れ去った犯人は、独房を脱出した等々力比呂(笠松将)だった。

小笠原来美(中条あやみ)は意識がもうろうとしており、等々力比呂(笠松将)は小笠原来美を連れて横須賀駐屯地を脱出するため、ある建物に入った。

さて、島に戻った柊木佳奈恵(飯豊まりえ)は、いくら待っても間宮響(竹内涼真)が戻ってこないので、喘息の薬などを刀軍団のリーダーに託すと、ユン・ミンジュンと共に、横須賀駐屯地へと戻った。

そのころ、等々力比呂(笠松将)は小笠原来美(中条あやみ)を連れて、真っ暗な建物の中を進んでいたが、背後からジアン(玄理)に注射を刺されて気を失う。

間宮響(竹内涼真)も小笠原来美(中条あやみ)を追いかけて、真っ暗な建物の中を進んでいたが、背後からジアン(玄理)に注射を刺されて気を失った。

さて、間宮響(竹内涼真)が気付くと、イスに縛り付けられており、目の前の檻に大勢のゾンビが閉じ込められていた。

安全地帯への避難を強行しようとしていた牛込浩二郎(神保悟志)も、ゾンビになっており、檻の中に閉じ込められていた。

首藤公貴(滝藤賢一)が「久しぶりですね。私の事を覚えて居ますか?」と尋ねると、間宮響(竹内涼真)は「首藤先生?なんで?」と驚いた。

首藤公貴(滝藤賢一)は、ゾンビの研究のために政府の特命を受けたと言い、間宮響(竹内涼真)らを追い払うために、本郷大樹(大谷亮平)を射殺したのに、また現われたので、今度は間宮響を利用することにしたのだという。

首藤公貴(滝藤賢一)は「君と同型の遺伝子は、既に解析されているんです。さらなるデータ蓄積のために、君の遺伝子が極めて重要でね」と告げると、間宮響(竹内涼真)は「実験?実験って来美(中条あやみ)に関係があるのか?」と怒った。

すると、首藤公貴(滝藤賢一)は「君と親しい別の女性の事ですよ」と告げた。

そのとき、何者かが施設の電源を破壊したため、首藤公貴(滝藤賢一)は檻から1体のゾンビを放ち、研究に重要な冷凍装置へと向かった。

間宮響(竹内涼真)は檻から出てきたゾンビに襲われ、噛まれそうになるが、柊木佳奈恵(飯豊まりえ)とユン・ミンジュンが現われたので助かった。

柊木佳奈恵(飯豊まりえ)とユン・ミンジュンは、間宮響(竹内涼真)を助けて島に戻ろうとしたが、間宮響は小笠原来美(中条あやみ)を助けると言い、島に戻る事を拒否して、2人を島へ戻らせると、再び横須賀駐屯地を探索した。

すると、間宮響(竹内涼真)は、「001」と書かれた鎖で繋がれたゾンビを発見し、「母さん」と驚くのだった。

君と世界が終わる日に-第7話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する