天国と地獄-真犯人・東朔也(アズマサクヤ)の考察とネタバレ

TBSのドラマ「天国と地獄」の真犯人(黒幕)と思われる東朔也(アズマ・サクヤ)にいての考察とネタバレです。

■東朔也(アズマサクヤ)のネタバレ

東朔也は、日高陽斗(高橋一生)の双子の兄だった。

母・日高茜(徳永えり)は、日高満(木場勝己)と結婚する前に、資産家の東貞夫(浅野和之)と結婚していた。

そして、母・日高茜(徳永えり)と東貞夫(浅野和之)に双子の兄弟が生まれた。

その双子が、兄・東朔也と弟・日高陽斗(高橋一生)だったのである。

スポンサードリンク

■クウシュウゴウの正体

東朔也は特殊清掃のバイトをしており、死亡した十和田元が所有していた漫画「暗闇の清掃人Φ(ふぁい)」を持ち去っている。

兄・東朔也は漫画「暗闇の清掃人Φ」を模倣して殺人を犯すクウシュウゴウであり、その正体は湯浅和男(迫田孝也)だと考えられる。

スポンサードリンク

コメントを投稿する