オー!マイ・ボス(ボス恋)-第7話のあらすじとネタバレ

TBSのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)」の第7話のあらすじとネタバレです。

第6話のあらすじとネタバレは「オー!マイ・ボス(ボス恋)-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■オー!マイ・ボス-第7話のあらすじとネタバレ

鈴木奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)と蓮見理緒(倉科カナ)を抱きしめている所を目撃してしまうが、中沢涼太(間宮祥太朗)から告白された。

一方、副社長の宇賀神慎一は、宝来麗子(菜々緒)に雑誌「ミヤビ」の廃刊の決定を告げ、残り2号は宝来麗子の自由にさせることにした。

そのようななか、鈴木奈未(上白石萌音)の両親と妹が熊本から尋ねてきたのだが、母・鈴木真未(宮崎美子)は潤之介(玉森裕太)を鈴木奈未に言い寄る悪い人間だと思い、追い返した。

さて、雑誌「ミヤビ」の廃刊を知った半田進(なだぎ武)は、思い出を作るため、編集部員を率いて、日帰りで長野県へキャンプに出かけた。

一方、宝来麗子(菜々緒)は鈴木奈未(上白石萌音)を連れて、化粧水を開発した長野県の小さな会社「磯辺」を訪れ、広告の出稿を打診した。

社長は「ウチみたいな会社に一流紙に掲載する余裕は無い。一流の商品と並んでも、ウチの商品は埋もれてしまうだけ」と困惑するが、宝来麗子(菜々緒)は鈴木奈未の言葉をヒントに、コーチとのコラボ企画を取り付けており、社長に検討を頼んだ。

他方、潤之介は、鈴木奈未の家族の誤解が解けると、出張している鈴木奈未の代わりに、鈴木奈未の家族に東京を案内した。

すると、鈴木奈未の家族は、みんな子犬系の潤之介に惚れてしまう。

このとき、潤之介は、蓮見理緒(倉科カナ)から「誰にでも優しいって、誰にでも優しくないんだよ。私、潤ちゃんの事を好きなんだよ。でも区切りを付けたし、奈未ちゃんを応援したい。だから、辛い」と言われて悩んでいた。

しかし、母・鈴木真未(宮崎美子)から「みんなに優しくする事は誰にでも出来る事ではない。奈未はそういう所を好きになったんだと思う」と言われ、心が救われたのだった。

さて、出張が終わった鈴木奈未(上白石萌音)は、編集部のキャンプに参加するが、和泉遥(久保田紗友)から「中沢さん(間宮祥太朗)を好きなのか、誰が好きなのか、自分の気持ちをハッキリさせなよ」と言われてしまう。

その後、キャンプが終わって帰宅することになるが、鈴木奈未は潤之介から貰ったブレスレットを落とした事に気付いたので、1人で残ってブレスレットを探した。

すると、中沢涼太(間宮祥太朗)が1人で戻ってきて、一緒に探してくれた。

暗くなっても見つからず、鈴木奈未(上白石萌音)は諦めることにしたのだが、帰りのバスに乗り遅れてしまう。

近くの宿を探すが、1室しか空いていなかったので、中沢涼太(間宮祥太朗)は鈴木奈未(上白石萌音)を泊まらせると、自分は別の宿を探すことにした。

鈴木奈未は他に宿は見つからない事を知っていたので、朝まで一緒にトランプでもやりませんかと誘ったが、中沢涼太(間宮祥太朗)は「もし、お前が俺の彼女だったら、俺はお前が他の男と泊まるのは嫌だ」と告げた。

そこで、鈴木奈未(上白石萌音)は「この前の返事・・・」と返事をしようとしたが、中沢涼太(間宮祥太朗)は慌てて「明日の朝にしてくれないか」と言い、立ち去った。

そのころ、潤之介(玉森裕太)は音羽堂出版の前で鈴木奈未(上白石萌音)の帰りをも待っていたら、通りかかった編集部の和田和美(秋山ゆずき)から、鈴木奈未と中沢涼太は終電を逃したので、長野県で一泊してくることを教えられた。

それを聞いて驚いた潤之介(玉森裕太)はバイクに飛び乗り、長野へと向かうのだった。

さて、旅館に1人で泊まっていた鈴木奈未(上白石萌音)は、母・鈴木真未(宮崎美子)からの電話で、自分が潤之介に振り回されているのは、自分が潤之介に気持ちを伝えていないからだと気付いた。

そこで、鈴木奈未は潤之介に電話するが、潤之介は電話に出なかった。

一方、中沢涼太(間宮祥太朗)はキャンプをしていた河原で、鈴木奈未(上白石萌音)が落としたブレスレットを探していたのだった。

翌朝、宝来麗子(菜々緒)は、長野県の会社「磯辺」の社長から、コーチとのコラボ企画の承諾を得て、悪魔の笑みを浮かべた。

宝来麗子(菜々緒)が悪魔の笑みを浮かべるのは、いつも大金が動くときだった。

一方、鈴木奈未(上白石萌音)が旅館を出ると、潤之介(玉森裕太)が居たので、「私の気持ちを要ってもいい?独り占めしたい。私の事だけを見てて欲しい」と告げると、潤之介は「うん」と言い、鈴木奈未を抱きしめたのだった。

他方、ブレスレットを見つけた中沢涼太(間宮祥太朗)は、旅館にブレスレットを届けに行くと、潤之介と鈴木奈未が抱き合っている所を目撃してしまったので、ブレスレットを置いて立ち去るのだった。

オー!マイ・ボス(ボス恋)-第8話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する