ドラゴン桜-原作のあらすじとネタバレ

阿部寛が主演するTBSの受験ドラマ「ドラゴン桜(2021年版)」の原作となる漫画「ドラゴン桜2」のあらすじとネタバレです。

注釈:このページは原作のあらすじと最終回や結末のネタバレが含まれています。知りたくない人は閲覧にご注意ください。

■ドラゴン桜-原作のあらすじとネタバレ

弁護士の桜木建二は、龍山高校の教育改革を行い、東大合格者2桁を出して、龍山高校を一流校へと導いたが、桜木建二が龍山高校を去ってから6年後、龍山高校は東大合格者0人になっていた。

桜木建二が龍山高校を去った後、「女帝」と呼ばれる龍野久美子が龍山高校の理事長代行に就任したのだが、それ以降、龍山高校は下降線の一途をたどっていたのだ。

それもそのはず、理事長の妻である龍野久美子は、5年以内に龍山高校を廃校へと追い込み、土地を売却するために、理事長代行として龍山高校へやってきたのだ。

東大合格者0だという報告を受けた桜木建二は、これでは学校から経営指導の仕事が来なくなると考え、再び龍山高校を一流校に改革するため、龍山高校に乗り込もうとする。

しかし、理事長代行・龍野久美子が「部外者は入れない」と言い、立ちはだかる。

そこで、桜木建二は、旧知の理事に理事会でクーデーターを起こさせて理事に就任し、理事として龍山高校に乗り込むのだった。

スポンサードリンク

■東大専科の発足

こうして、龍山高校の改革を始める桜木建二は、3学期の終業式で、生徒に東大へ行かせると宣言し、難関大コースとは別に定員10名の東大専科を設置し、偏差値30から東大に合格させた弁護士の水野直美を東大専科の担当にした。

そして、桜木建二は熱弁を振るい、希望者は会議室へ来るように告げたが、生徒から相手にされず、教師からも「今の子供にそういうやり方は通用しない」と指摘されてしまう。

しかし、桜木建二は、「300人の子供が全員が同じなんてありえない。300人の中に1人や2人は心を動かされる奴がいる」と考えており、桜木建二の言葉に心を動かされた2年生の早瀬菜緒と天野晃一郎が会議室にやってきた。

早瀬菜緒は両親に叱られたことも、説教をされた事も無く、目標を立てて努力し続ける事が苦手なので、事件を切っ掛けに自分を変えようと思って応募したのだという。

一方、天野晃一郎は、母親から「考えてからやりなさい」と言われていたので、何事も考えてしまい、行動が遅いのだが、桜木建二から「考えるな。動け」と言われたので、考えずに動いてみたのだという。

2人とも偏差値50前半の日東駒専を志望するレベルだが、桜木建二は偏差値30から東大に合格させた水野直美に比べれば楽なものだといい、正式に東大専門コースを開始する。

しかし、教室は無く、会議室でスマートフォンの「スタディサプリ」を使って勉強するのだという。

ドラゴン桜2-原作のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する