レンアイ漫画-金條可憐(きんじょう・かれん)のネタバレ

フジテレビのドラマ「レンアイ漫画」に登場する金條可憐(きんじょう・かれん/木南晴夏)の原作ネタバレです。

■ドラマの金條可憐(木南晴夏)の原作ネタバレ

金條可憐(木南晴夏)は、「少女モーニング」で少女漫画を連載している売れっ子の漫画家で、少女漫画家・刈部まりあ(鈴木亮平)と読者の人気アンケートで1位を争うライバルだった。

しかし、少女漫画家・刈部まりあ(鈴木亮平)とは誰も会った事が無く、謎のベールに包まれており、刈部まりあに対して強い関心を持っていた。

スポンサードリンク

■原作のネタバレ

(注釈:原作と名前が違う人も居るので、名前はドラマベースにしてします。)

原作の金條可憐は人気の少女漫画家で、少女漫画「銀河天使」を連載する刈部まりあの大ファンだったが、刈部まりあは絶対に表舞台に現われない覆面漫画家で、授賞式にも出席しいないので、1度も会った事がなかった。

しかし、甥の参観日に参加した時に、刈部まりあの担当編集者・向後達也(片岡愛之助)に会い、近くに刈部まりあが住んでいるのではないかと気付き、驚異的な勘で、刈部まりあの自宅を突き止めた。

そして、金條可憐は、憧れの刈部まりあの正体が引きこもりの男・刈部清一郎(鈴木亮平)だったと知り、ショックを受けるのだが、なぜか、「結婚しなければ、正体を公表する」と脅し、婚姻届を突きつけた。

刈部まりは(鈴木亮平)は漫画を描くこと意外には興味が無いので、婚姻届にサインして突き返し、新婚生活が始まるのだが、久遠あいこ(吉岡里帆)も居るので、奇妙な三角関係になった。

しかし、引きこもりで誰とも接触していなかった刈部まりは(鈴木亮平)は、環境が大きく変わり、スランプに陥って漫画家が描けなくなってしまうのだった。

すると、金條可憐は、刈部まりは(鈴木亮平)が描く漫画を一番近くで見守りたかった事を思いだし、離婚届を出していなかったことを明かして身を引くのだった。

■変態仮面で共演

木南晴夏は映画「変態仮面」で鈴木亮平と共演しており、ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」ではベッドシーンも演じており、「レンアイ漫画」での活躍も期待されている。

なお、原作のネタバレは「レンアイ漫画家-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する