おちょやん-朝日奈灯子(あさひな・とうこ)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する朝日奈灯子(あさひな・とうこ/小西はる)の実在のモデルとネタバレです。

■朝日奈灯子のネタバレ

朝日奈灯子は、鶴亀歌劇団の女優で、戦後、芝居茶屋「岡安」の跡地で上演された竹井千代(杉咲花)らの芝居を観て感動し、松竹の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)に願い出て、新しく結成される「松竹新喜劇」に加入した。

しかし、1年後、朝日奈灯子は、全く芽が出ず、自分には喜劇は向いていなかったと痛感し、「松竹新喜劇」を辞めようとした。

心配した竹井千代(杉咲花)は、朝日奈灯子を引き留めようとするのだが・・・

スポンサードリンク

■朝日奈灯子のモデル

朝日奈灯子のモデルは、2代目・渋谷天外の妻・九重京子(渋谷喜久栄)だと考えられます。

九重京子は、大正10年(1921年)10月1日に、大阪府大阪市大正区で生まれた。

九重京子は小学校を卒業すると、宝塚音楽歌劇学校に入ったが、自宅から遠いという理由で、宝塚音楽歌劇学校を辞め、大阪の松竹歌劇団に入り直し、14歳の時に初舞台を踏み、男役スタートして活躍した。

戦後の昭和22年に松竹歌劇団を辞め、森光子らとともに歌謡ショーなどに出ていると、松竹から新しく旗揚げする「松竹歌劇団」への入団を勧められ、「松竹歌劇団」へ入団する。

やがて、九重京子は2代目・渋谷天外の子供を妊娠する。

妻・浪花千栄子と2代目・渋谷天外の間には子供が居なかったので、2代目・渋谷天外は40を過ぎて我が子を抱ける事に大喜びして離婚を決意した。

浪花千栄子は子供が居なかった事もあり、離婚を受け入れて昭和26年4月に松竹新喜劇を辞めると、京都を訪れて、ヒッソリと隠れ住むのだった。

九重京子も妊娠を切っ掛けに引退し、2代目・渋谷天外と幸せに暮らした。

しかし、浪花千栄子は籍を抜いていなかったので、2代目・渋谷天外は九重京子と入籍する事ができなかった。

昭和30年に浪花千栄子が籍を抜いてくれたので、2代目・渋谷天外は九重京子と入籍する事ができ、昭和32年に松竹新喜劇の10周年公演を利用して、舞台で曾我廼家五郎八とともにダブル結婚式を挙げ、2人の子供に恵まれて幸せに暮らした。

2人の間に生まれた次男が、3代目・渋谷天外である。

この3代目・渋谷天外が、朝ドラ「おちょやん」に映画会社の守衛として登場していた。

■晩年

2代目・渋谷天外が入院中のことなのだが、九重京子が見舞いに行くと、2代目・渋谷天外は九重京子を観て「千栄子」と呼びかけた。

九重京子が「それは前の奥さんですよ」と教えると、2代目・渋谷天外は次々に付き合ってきた女性の名前を挙げていのだが、妻の名前が出てこない。

呆れた九重京子が「もしかして、私の名前を言えないんですか」と言って名前を教えると、2代目・渋谷天外は「しまった」と思い、そのまま気絶した。

その後、九重京子は2代目・渋谷天外を看取り、平成27年(2015年)4月5日に死去した。94歳だった。

浪花千栄子が久重京子に激怒した本当の理由」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する