おちょやん-天海一平(成田凌)の浮気相手は朝日奈灯子

NHKの朝ドラ「おちょやん」の天海一平(成田凌)が不倫する相手のネタバレです。

■不倫相手は朝比奈灯子

朝日奈灯子は鶴亀歌劇団出身で、戦後の焼け野原で竹井千代(杉咲花)らの芝居を見て、「鶴亀新喜劇」に入ったが、1年後ほどして喜劇に向いていないことを実感し、「鶴亀新喜劇」を辞めることにした。

竹井千代(杉咲花)は心配して朝日奈灯子を励まそうとするのだが、夫・天海一平(成田凌)と朝日奈灯子の浮気が発覚するのだった。

スポンサードリンク

■朝比奈灯子のモデルは渋谷喜久栄

渋谷喜久栄(九重京子)は松竹歌劇団出身の女優で、松竹に誘われて、昭和23年12月に「松竹新喜劇」の旗揚げに参加した。

入団から1年ほどすると、座長の2代目・渋谷天外から、「仕事がしたい。本が書きたい。家庭を持ちたい。今の女房(浪花千栄子)が重荷なんだ」と相談された事を機に、男女の関係になり、やがて子供を妊娠した。

妻・浪花千栄子と2代目・渋谷天外の間には子供が居なかったので、2代目・渋谷天外は40を過ぎて我が子を抱ける事に大喜びして離婚を決意した。

妻・浪花千栄子は離婚すると、松竹新喜劇を辞めて、行方不明となったのだが、浪花千栄子は籍を抜いていなかったので、2代目・渋谷天外は九重京子と入籍する事が出来なかった。

昭和30年に浪花千栄子が籍を抜いてくれたので、2代目・渋谷天外は九重京子と入籍し、昭和32年に松竹新喜劇の10周年公演を利用して、舞台で曾我廼家五郎八とともにダブル結婚式を挙げた。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。