天国と地獄-第8話のあらすじとネタバレ

綾瀬はるかが主演するTBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」の第8話のあらすじとネタバレです。

第1話のあらすじとネタバレは「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■天国と地獄-第8話のあらすじとネタバレ

日高陽斗は、久米幸彦の殺人現場に駆けつけると、多くの証拠が残っている現場を見て驚き、「四方さん殺しの目撃者とアポがある」と言い、現場を立ち去った。

一方。渡辺陸(柄本佑)は、病室で寝ている師匠・湯浅和男(迫田孝也)の包帯を取り、湯浅和男の右手にホクロがあるのを確認した。

他方、望月彩子は八巻英雄(溝端淳平)から電話を受け、リストに載っていた久米正彦の息子・久米幸彦が殺されたという報告を受ける。

報告を受けた望月彩子は、久米宅を張り込んでいた事から、日高陽斗には犯行が不可能なので、日高陽斗は共犯ではなく、双子の兄・東朔也(迫田孝也)の犯行を止めようとしているだけなのではないかと考えた。

そして、望月彩子は、東朔也(迫田孝也)が派遣の仕事でコ・アースの清掃に来ていたという情報を得て、派遣会社から東朔也の履歴書を取り寄せたのだった。

さて、警視庁では久米幸彦殺人事件の捜査会議を行っていた。警察は数多くの証拠を発見しており、防犯カメラの映像から犯人の映像も入手していた。

その日、日高陽斗は、コ・アース社を訪れ、望月彩子に「貴方が捕まるかも知れない。社長を辞任してください」と頼むと、望月彩子は「なんで私が捕まるの」と言い、犯人は双子の兄・東朔也(迫田孝也)だと指摘した。

すると、望月彩子は「兄を庇うことは諦めます。貴方も早急にコ・アースの社長を辞任してください」と頼んで立ち去った。

一方、渡辺陸(柄本佑)は望月彩子から送られてきた東朔也(迫田孝也)の写真で、師匠・湯浅和男(迫田孝也)の正体が東朔也だと知るのだった。

さて、日高陽斗は、警察の捜査が着々と東朔也(迫田孝也)に迫っている事を知り、犯人Φ(クウシュウゴウ)の遺書と証拠を捏造し、犯人Φが川に身を投げて自殺したように工作して、警察の捜査を遺体探しに向けさせた。

しかし、日高陽斗は、偽装工作で警察をごまかせるとは考えておらず、捜査を遅らせて、満月までの事件稼ぎをしていたのだった。

さて、警察は川を捜索しても犯人Φの遺体が見つからないため、このまま遺体の捜索を打ち切るべきか、続けるべきか、捜査方針で混乱していた。

そこへ、河原三雄(北村一輝)が現われ、東朔也(迫田孝也)の情報を発表した。

東朔也(迫田孝也)は、5年前、殺された久米幸彦の父親が経営する「プロセーブ警備保障」でアルバイトをしており、源証券の本社ビルの警備に派遣された。

そして、源証券の本社ビルで久米幸彦が仕事でミスをしたため、窃盗犯に侵入されてしまうのだが、久米幸彦は社長の息子だったので、東朔也(迫田孝也)はその責任を負わされ、クビにされた。

河原三雄(北村一輝)は、そのときのことを怨んで、東朔也(迫田孝也)が久米幸彦を殺害したのだと説明するが、捜査一課長・十久河広明(吉見一豊)は「それでは動機が弱い」と首を振った。

すると、河原三雄(北村一輝)は、望月彩子(体)が東朔也の事を調べていたので、もっと詳しい事を知っているはずだと言うと、十久河広明は望月彩子(体)に説明を求めた。

望月彩子(体)が、仕方なく、東朔也がコ・アース社の清掃員だった事を明かすと、河原三雄(北村一輝)は日高陽斗(体)と東朔也が一緒に飲んでいたという証言も取れていると付け加えた。

こうして、日高陽斗(体)と東朔也が繋がった。

さらに、殺害された久米幸彦が室内で飼っていた犬の糞から、子供の乳歯が発見され、その乳歯が日高陽斗(体)の乳歯だと判明した。

これを聞いた日高陽斗は、小学生時に歩道橋の上で東朔也と会い、抜けた歯を交換した事を思いだし、「まだ持ってたんですか」と驚いた。

天国と地獄-第8話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する