君と世界が終わる日に-緊急シェルター希望の家(73.4)の考察

日本テレビのゴーレムドラマ「君と世界が終わる日に」の「緊急シェルター希望の家(73.4)」の考察とネタバレです。

■希望の家

第9話の予告でメモが映り、そのメモには「73.4」と書かれていた。

このメモは、第5話で登場した三原紹子(安藤玉恵)の元夫・狛江聡(長谷川朝晴)が所持していた取材メモと一致した。

さらに、番組の公式Twitterで『緊急シェルター希望の家「73.4」』「ゴーレムの謎」というキーワードが登場ている。

どうやら、謎の数字やシェルターが、ゾンビ発生の秘密を握っているようだ。

スポンサードリンク

■シェルターの意味

シェルターと言っても、色々な種類があるのだが、「希望の家」の創立はゾンビウイルスが蔓延する前の事だと考えられるので、単純にDVから逃げるシェルターという可能性が大きい。

ゾンビの事を取材をしていた元夫・狛江聡(長谷川朝晴)は、DVが原因で1年前に三原紹子(安藤玉恵)と離婚しており、妻・三原紹子の事を探していた。

そこで、取材中に緊急シェルター「希望の家」の事を知り、そこへ行けば、離婚した三原紹子(安藤玉恵)の事も分るのではないかと考え、シェルターの事も調べていたのではないか。

■「73.4」の秘密

謎の数字「73.4」は、FMラジオの周波数だろう。

「君と世界が終わる日に」の第1話では、間宮響(竹内涼真)がトンネルから脱出すると、ラジオからは、「指定の避難所へ避難するように」という、避難指示のテープがエンドレスで流れていた。

そう考えると、FMラジオの周波数を「73.4メガヘルツ」に合わせると、緊急シェルター「希望の家」のアナウンスが流れており、それを聞いた人たちがシェルターに集まってくるという仕組みになっていたのだろう。

そして、首藤公貴(滝藤賢一)は、「希望の家」に集まってきた人たちをモルモットにして、実験を繰り返していたのではないか。

おそらく、ゾンビ番号001番の間宮琴子(臼田あさ美)の実験が失敗したので、他のモルモットが欲しくなったというところだろうか。

16年前に「必ず帰ってくる」と言い残して家を出て行った父・間宮拓郎(小市慢太郎)が、「希望の家」に関わってくるのか。

また、「日韓新興感染症対策機構」とシェルターの関係、黒幕として政府がゾンビに関与しているのか、その辺が最終回の注目点になるのではないか。

スポンサードリンク

コメントを投稿する