おかえりモネ-後藤三生(ごとう・みつお/前田航基)のネタバレ

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」に登場する後藤三生(ごとう・みつお/前田航基)のあらすじとネタバレです。

■後藤三生のネタバレ

後藤三生(前田航基)は1000年続くお寺の息子で、永浦百音(清原果耶)の同級生となる。明るい性格で、同級生の中でのムードメーカーとなっている。

高校を卒業すると、実家のお寺を継ぐために、仙台の仏教大学へと進学したが、親に無断で大学を逃げ出して島に帰って、自分に僧侶が務まるのか、悩むのだった。

あまり悩みすぎていると、ストレスで毛が抜けていき、いずれは坊主に・・・。

スポンサードリンク

■キャストのネタバレ

朝ドラ「おかえりモネ」の後藤三生を演じる前田航基は、平成10年(1998年)12月13日生まれ、大阪府吹田市の出身。弟・前田旺志郎とお笑いコンビ「まえだまえだ」を結成し、子供の頃から芸能界で活躍していた。

朝ドラに関しては、2010年の「てっぱん」に出演しており、「おかえりモネ」が2作目の出演となる。

弟・前田旺志郎は、2020年の朝ドラ「おちょやん」で、藤山寛美をモデルとした松島寛治という役を演じ、ストーリー後半の重要な役割を担っていたことから考えると、後藤三生(前田航基)も重要なポジションなのかもしれない。

■今後の展開はどうなる

永浦百音(清原果耶)は気象予報士になって東京の民間天気予報会社で働くので、後藤三生(前田航基)と結婚する確率はゼロだろう。

おそらく、永浦百音(清原果耶)は東京で結婚相手を見つけるのではないかと思う。

後藤三生(前田航基)は坊主となって実家の寺を継ぎ、「てるてる坊主」のグッズを作って大儲けするという展開になるのではないだろうか。

なお、朝ドラ「おかえりモネ」のあらすじやネタバレは「おかえりモネ-あらすじと最終回のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する