カムカムエヴリバディ-橘算太(さんた/濱田岳)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する橘算太(たちばな・さんた/濱田岳)のネタバレです。

■橘算太(濱田岳)のネタバレ

橘算太(濱田岳)は、岡山県岡山市の商店街にある和菓子屋「たちばな」の長男として生まれた。主人公の橘安子(上白石萌音)は妹である。

橘算太(濱田岳)は学校を卒業すると、実家の和菓子屋「たちばな」を継ぐため、和菓子の修行を開始するのだが、全く和菓子に興味が無いため、いつも父・橘金太(甲本雅裕)と衝突してばかりだった。

スポンサードリンク

■モデルとネタバレ

「カムカムエヴリバディ」のモデル平川唯一は、明治35年(1902年)2月生まれです。

橘安子(上白石萌音)の誕生日が1925年3月22日なので、兄の橘算太(濱田岳)は橘安子よりも早く生まれており、年齢的には平川唯一に近いので、平川唯一がモデルという可能性もある。

濱田岳に英語が喋れるのだろうかと思ったが、なんと2014年に全編英語の映画「サケボム」で主演を務めており、英語はバッチリなのだ。

まだ確定ではないが、橘算太(濱田岳)のモデルは平川唯一という可能性も十分にある。

■濱田岳が凄い

「カムカムエヴリバディ」の長男・橘算太を演じる濱田岳は、昭和63年(1988年)6月28日生まれ、東京都の出身。子供の頃にスカウトされて芸能界に入り、平成10年(1998年)のドラマ「ひとりぼっちの君に」で子役としてデビューした。

一時、芸能界から退いていたが、武田鉄矢の「3年B組金八先生」で芸能界に復帰した。

最近の当たり役とえいば、ドラマ「釣りバカ日誌」の主人公・浜崎伝助だろう。小林みち子(広瀬アリス)とのコンビは息がピッタリで見応えがあった。西田敏行の後を継いで、濱田岳が演じる映画「釣りバカ日誌」も観てみたい。

また、大河ドラマでは、「軍師官兵衛」では栗山善助を演じ、「麒麟がくる」では栗山善助の主・黒田官兵衛を演じた。お洒落なキャスティングで面白かった。

また、朝ドラ「おちょやん」では広瀬アリスと共演して、「釣りバカ日誌」コンビとして話題になった。

今作の「カムカムエヴリバディ」では、濱田岳がどのような演技をみせるのか注目である。

なお、「カムカムエヴリバディ」のモデルやネタバレは「カムカムエヴリバディ-原作とモデルと実話のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する