ドラゴン桜-藤井遼(ふじい・りょう/鈴鹿央士)の原作ネタバレ

TBSのドラマ「ドラゴン桜」に登場する藤井遼(ふじい・りょう/鈴鹿央士)の原作ネタバレです。

■藤井遼のネタバレ

藤井遼(鈴鹿央士)は学年トップの成績だが、性格が悪く、みんなを見下している。3流大学卒に教わることは無いと言い、教師すら見下している。

そのようななか、桜木建二(阿部寛)が開いた東大専科のメンバーとテスト対決をすることになるが、桜木建二の策略で東大専科に有利な問題が出たため、藤井遼はテスト対決に負けてしまう。

ショックを受けた藤井遼は精神的に不安定になったので、校長の龍野久美子(江口のりこ)は藤井遼のメンタルを心配し、桜木建二(阿部寛)に再勝負を申し込み、今度は藤井遼に有利な方法で再びテスト勝負をすることになった。

しかし、桜木建二(阿部寛)は、原健太(細田佳央太)という秘密兵器を発掘していた。

原健太は発達障害で、成績は学年最下位だったが、耳から入る情報は記憶できなくても、目から入る情報は全て記憶するという驚異的な記憶力の持ち主だった。

原健太は、昆虫に強い関心があったことから、桜木建二(阿部寛)が昆虫に関する英語の論文を渡すと、原健太は英語の論文を読みふけり、わずか数日で英語の手紙を書ける程の英語力を身につけていた。

その才能を恐れた藤井遼は、原健太に「東大へ行けば、虫を殺すことになる」と言い、昆虫を解剖する実験の動画を見せ、原健太に東大受験を止めさせる。

しかし、原健太は桜木建二(阿部寛)の説得を受け、再び東大を目指すことにして、藤井遼とのテスト勝負に挑んだ。

文系トップの小杉麻里(志田彩良)は、東大専科への誘いを断り続けていたが、幼なじみの原健太の影響を受け、東大専科に入り、原健太と共に、テスト勝負に挑んだ。

藤井遼は、テスト勝負で過去最高の点数を出したが、原健太と小杉麻里に負けて、テスト勝負で敗れてしまう。

そして、桜木建二(阿部寛)から、「お前が負けたのは、1人で勉強をしているからだ」と指摘され、仲間と勉強をする法が東大合格率が高くなる事を教えられる。

また、藤井遼は桜木建二(阿部寛)と、「負けたら東大専科の合宿に参加する」という賭けをしていたことから、勝負に負けた藤井遼は東大専科へと入るのだった。

スポンサードリンク

■原作のネタバレ

原作の藤井遼は、龍山高校の理系トップの成績である。

原作では、有名大学を目指す「特別進学クラス」と東大専門の「東大専科」に別れており、藤井遼は「特別進学クラス」から小杉麻里と共に東大を目指している。

藤井遼はプライドが高く、もっと良い高校へ進学できたのだが、入試の直前でインフルエンザになり、受験できなかったため、龍山高校に入った。

このため、中学受験や高校受験に落ち続けて龍山高校に入った天野晃一郎とは違うと言い、「東大専科」から東大を目指す天野晃一郎を敵視している。

また、桜木建二の事が気に入らないので、「東大専科」には入らず、「特別進学クラス」から東大に入る事を宣言した。

「東大専科」の早瀬菜緒を好きなのかなと思わせる描写もあったのだが、どうだろう。

藤井遼は桜木建二に反発しながらも、最終的に東大に合格します。

■キャストは鈴鹿央士

「ドラゴン桜」で藤井遼を演じる鈴鹿央士は、2000年1月11日生まれ、岡山県の出身。高校時代に映画「先生!好きになってもいいですか?」のエキストラに参加したところ、映画に出演していた広瀬すずの目にとまり、スカウトされ、芸能界に入ったという。

2019年の映画「蜜蜂と遠雷」で新人賞を総なめにした超大型新人で、「なつぞら」「おっさんずラブ-in the sky」「MIU404」に出演してる。

なお、原作のネタバレは「ドラゴン桜-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。