おかえりモネ-田中知久(トムさん)のネタバレ

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」に登場する田中知久(たなか・ともひさ/塚本晋也)のあらすじとネタバレです。

■田中知久のあらすじ

田中知久(塚本晋也)は、東京の音楽業界で働いていたのだが、今は宮城県登米市にあるジャズ喫茶のマスターをしている。愛称は「トムさん」で、カメラを趣味にしている。

森林組合の隣に隣接している診療所に通い始めたことで、森林組合で働いていた永浦百音(清原果耶)と出会った。

田中知久は永浦百音と縁のある人物なのだが、永浦百音はそのことを知らなかった。

スポンサードリンク

■キャストは塚本晋也

塚本晋也は1960年1月1日生まれ、東京都渋谷区の出身。子供の頃から父親の8ミリで映画を撮影しており、日本大学を卒業後はCM制作会社に入り、働きながら舞台活動を開始したという。

塚本晋也は、映画監督と俳優を兼務しており、朝ドラは「ゲゲゲの女房」「カーネーション」「半分、青い」に出演しており、今作の「おかえりモネ」が4作目の出演となる。

「おかえりモネ」の出演者発表時に「短い期間ではありましたが、清原さんをはじめ皆さんとの共演はとても楽しく、エキサイティングでした」とコメントしているので、既に撮影は終わっているものと考えられる。

なお、朝ドラ「おかえりモネ」のあらすじやネタバレは「おかえりモネ-あらすじと最終回のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する