ドラゴン桜-瀬戸輝(せと・あきら/高橋海人)のネタバレ

TBSの受験ドラマ「ドラゴン桜」に登場する瀬戸輝(せと・あきら/高橋海人)のネタバレです。

■ドラゴン桜-瀬戸輝のあらすじ

瀬戸輝(高橋海人)は、実家がラーメン屋だが、両親を亡くしてており、姉がラーメン屋を切り盛りしていた。

瀬戸輝(高橋海人)は、ラーメン屋を頑張る姉を支えながら、両来に不安を感じていたが、桜木建二の「東大専科」に入り、東大受験を目指すのだった。

スポンサードリンク

■原作のネタバレ

瀬戸輝(高橋海人)は、原作には登場しないドラマオリジナルキャラである。

「東大専科」で東大を目指す7人組のメンバー発表で7番目に発表されたことから、かなり重要な役だと考えられる。

両親を亡くしているので、東大受験は金銭的に大変かも知れないが、時短営業の補助金などを上手に活用しながら、東大を目指して欲しい。

■キャストのネタバレ

「ドラゴン桜」で瀬戸輝を演じる高橋海人は、1999年4月3日生まれ、神奈川県の出身。親が履歴書を送ってジャニーズ事務所に入り、「King&Prince(キンプリ)」のメンバーとして活躍している。

高橋海人といえば、有村架純が主演する「姉ちゃんの恋人」に出演しており、両親を亡くして一家の大黒柱となって働く安達桃子(有村架純)を支える安達家の長男という役を演じていた。

今回の「ドラゴン桜」でも、両親を亡くしてラーメン屋を切り盛りする姉を支えるという役どころなので、役作りはそれほど難しくないだろう。

ところで、キンプリといえば、誰かドラマの出演が決まっていた記憶があるので、調べてみたら、永瀬廉だった。

永瀬廉は、2021年5月から始まるNHKの朝ドラ「おかえりモネ」に及川亮という役で主演する。及川亮は主人公の永浦百音(清原果耶)の同級生という良い役なので、キンプリファンの人は「おかえりモネ」も必見である。

スポンサードリンク

コメントを投稿する