ネメシスのネタバレ!黒幕(真犯人)は「あぶない刑事」のオマージュ

日本テレビの本格的ミステリードラマ「ネメシス」の真犯人と黒幕の考察とネタバレです。

■ネメシスの黒幕

20年前に起きた事件、つまり美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始(仲村トオル)が失踪した事件には真犯人や黒幕が存在すると考えられる。

その黒幕は誰か。

ドラマ「ネメシス」の舞台は神奈川県であり、神奈川県警が登場する。

神奈川県警のメンバーは、「タカ」こと千曲鷹弘(勝地涼)、「ユージ」こと四万十勇次(中村蒼)、そして小山川薫(富田望生)の3人である。

この「タカ」「ユージ」「薫(かおる)」というのは、大昔に日本テレビで放送していた刑事ドラマ「あぶない刑事(デカ)」の主要登場人物と一致している。

「あぶない刑事」には「タカ」「ユージ」「カオル」という刑事が登場しており、「タカ」が「舘ひろし」、「ユージ」が柴田恭兵、「カオル」が浅野温子だった。

そして、「あぶない刑事」のタカとユージの後輩に「トオル」という刑事がおり、この「トオル」を演じていたのが、仲村トオルだった。

さらに、この仲村トオルが「ネメシス」で、20年前に失踪した美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始を演じているのである。

つまり、「ネメシス」は「あぶない刑事」のオマージュ作品であり、「ネメシス」の黒幕は「あぶない刑事」に関連する人物だと考えられるのである。

また、舘ひろしらは「石原軍団」と呼ばれており、この「石原軍団」は車を破壊する事でも有名だった。

この点から考えても、カーチェイスで車を破壊する人物が居れば、20年前の事件の黒幕と考えられる。

スポンサードリンク

■黒幕の正体

まだ放送が始まっておらず、相関図も完成していないので、誰が黒幕なのかは、私には予想できない。

ただ、美神アンナ(広瀬すず)のペンダントが分子メモリになっており、そのなかに父・美神始(仲村トオル)の研究データと失踪の秘密が入っていることは確かである。

なお、原作のネタバレは「ネメシス-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する