天国と地獄-サイコな2人-最終回のあらすじとネタバレ

綾瀬はるかが主演するTBSのドラマ「天国と地獄-サイコな2人」の最終回(第10話)のあらすじと結末のネタバレです。

第1話は「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第9話は「天国と地獄-第9話-日高陽斗(高橋一生)がネタバレを開始」をご覧ください。

■天国と地獄-最終回のあらすじとネタバレ

望月彩子(綾瀬はるか)と日高陽斗(高橋一生)は、河原三雄(北村一輝)に逮捕されたが、望月彩子は捜査の一環だとったと釈明し、厳重注意で終わった。

一方、日高陽斗(高橋一生)は連続殺人事件は自分の単独犯だと自供しており、捜査本部は日高陽斗を連続札人事の犯人として送致する方針を決めた。

河原三雄(北村一輝)が日高陽斗(高橋一生)の送致取り調べを担当するが、河原三雄は日高陽斗が犯人ではないと気付いていた。

一方、望月彩子(綾瀬はるか)は日高陽斗(高橋一生)を助けるため、双子の兄・東朔也(迫田孝也)が犯人だという証拠を探して奔走するのだった。

さて、望月彩子(綾瀬はるか)は、東朔也が持ち去ったSDカードがあれば、日高陽斗の無実が証明出来ると思い、渡辺陸(柄本佑)に東朔也のSDカードを知らないかと尋ねた。

渡辺陸はフェリーで東朔也のSDカードを拾っていたが、望月彩子を庇って罪を被ろうとしている日高陽斗に嫉妬し、SDカードなんて知らないと答えたのだった。

スポンサードリンク

■天国と地獄-真犯人を捜せ

さて、河原三雄は望月彩子の関与を追及するが、日高陽斗は連続殺人事件は自分の単独犯だと言い張り、望月彩子の関与を否定した。

そのようななか、鑑識の新田将吾(林泰文)は、東朔也が犯行の翌日に立ち寄るパン屋を発見する。

それを知った望月彩子は、パン屋の近くにあるネットカフェを見つけ、東朔也は犯行後、ネットカフェから「便利屋りっくん」に掃除の依頼をした事を突き止める。

すると、ネットカフェの店員が東朔也を覚えて居たが、店員がSDカードの内容を消去するのを手伝っており、もう証拠の映像は消えている事が分った。

しかし、絶望している望月彩子のスマートフォンに1本の動画が届く。

一方、河原三雄は東朔也が真犯人だと気付いており、日高陽斗に、東朔也が歩んできた人生を語り、殺人を犯したのは東朔也の最後の声であり、お前にその声を奪う正義はあるのか、と問うた。

そこへ、望月彩子が駆けつけ、河原三雄に「その男は犯人ではありません。これが証拠です」と言い、スマートフォンに届いた動画を見せると、河原三雄は後のことは望月彩子に任せて取調室を出た。

すると、望月彩子は東朔也に動画を見せた。

その動画は、東朔也が「9」の久米幸彦を殺害した翌日に、ネットカフェで撮影した動画で、東朔也は連続殺人事件で3人を殺害した事を自供する内容だった。

東朔也は、田所家の防犯カメラの記録装置から抜いたSDカードを消去し、ネットカフェで自供の動画を取って保存していたようだ。

それでも、日高陽斗は自分の犯行だと言い、兄・東朔也を庇っていたが、最後は望月彩子の熱弁に心を打たれ、泣きながら、犯人は兄・東朔也だと認めたのだった。

天国と地獄-最終回のあらすじと結末のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する