君と世界が終わる日に-最終回の結末ネタバレ

日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」の最終回のあらすじと結末ネタバレです。

第1話は「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第9話は「君と世界が終わる日に-第9話のネタバレ」をご覧ください。

■君と世界が終わる日に-最終回のあらすじとネタバレ

間宮響(竹内涼真)は小笠原来美(中条あやみ)に「一緒に行こう」と誘うが、小笠原来美は「邪魔をしないで。首藤教授(滝藤賢一)のおかげで目が覚めたの。これからは首藤教授の手助けをしていきたい」と言い、間宮響に銃を向けて立ち去ってしまうのだった。

さて、間宮響らは、三原紹子(安藤玉恵)の夫のメモから緊急シェルター「希望の家」の存在を知る。

ラジオのFM放送を「73.4MHZ」に合わせると、緊急シェルター「希望の家」は12月4日(明日)に倉浜港へ来るように、アナウンスしていた。

柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らは緊急シェルターについて話し合い、緊急シェルターへ行く事を決めた。

間宮響は小笠原来美に捨てられたショックで島に残ると言ったが、皆に促されて、緊急シェルター「希望の家」に行く事を決めた。

しかし、それは嘘で、間宮響は深夜にアジトを抜けだし、1人で駐屯地へ向かうのだった。

翌日、柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らが倉浜港へ向かうと、大きな船が泊っていたが、直ぐには乗らず、間宮響を待つと言い出した。

すると、自衛官の桑田陸斗(浅香航大)は、間宮響は横須賀駐屯地へむかったので、ここには来ないことを明かし、トランシーバーを間宮響に繋いだ。

そして、間宮響はトランシーバーを通じて、みんなに礼を言い、別れを告げると、横須賀駐屯地へと向かうのだった。

一方、刀軍団も緊急シェルター「希望の家」の放送を聞いて倉浜港の偵察に来ていた。

すると、刀軍団を発見した等々力比呂(笠松将)は、刀軍団に「情報がある。損はさせない」と持ちかけ、柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らのグループを抜けて刀軍団に入るのだった。

スポンサードリンク

■ゾンビの真相

間宮響が横須賀駐屯地に潜入すると、自衛隊員がゾンビになって死んでいた。

ワクチンがあるはずじゃ・・・

間宮響が探索していると、生きている自衛隊に見つかり、牢屋に入れられてしまった。

その牢屋にはジアン(玄理)が監禁されており、ジアンにワクチンの事を尋ねると、ジアンは真相を話し始めた。

ワクチンが完成したという話しは嘘だった。ワクチンは完成していなかったが、首藤公貴(滝藤賢一)は「冷凍装置にワクチンが入っている」と言い続け、皆を操っていたのだ。

そして、冷凍保存装置に入っているのは、首藤公貴(滝藤賢一)の妻だった。

首藤公貴(滝藤賢一)は血液の病気が専門で、血液の病気になった妻の病気を治すため、ゾンビウイルスの研究を始め、ゾンビウイルスを開発した。

そして、小笠原来美(中条あやみ)のDNAとゾンビウイルスを投与することで、妻は完璧な形で生き返る予定だったのだが、間宮響(竹内涼真)に邪魔されたのだ。

■最終回の結末

さて、冷凍装置を破壊された首藤公貴(滝藤賢一)は激怒し、人質を取って小笠原来美(中条あやみ)に間宮響(竹内涼真)を殺すように命じた。

小笠原来美は首藤公貴に洗脳されたわけではなく、首藤公貴が人質を取っており、脅されていただけだったのである。

そこで、首藤公貴は、間宮響と小笠原来美を同じ部屋に入れ、殺し合うように命じるが、間宮響は
小笠原来美が脅されている事を知っていたので、戦うことを放棄し、小笠原来美に殺されようとした。

しかし、首藤公貴は「こんなんじゃない」と激怒し、2人に血液をかけると、血の臭いに気付いた大量のゾンビが2人に押し寄せてきた。

間宮響と小笠原来美は逃げるが、最後の扉もゾンビに突破され、もうダメだと思ったとき、銃声がして、ゾンビが次々と倒れていった。

なんと、刀軍団と等々力比呂(笠松将)、そして柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らが助けに来てくれたのだ。

等々力比呂が「自衛隊が居ないので、横須賀駐屯地に行けば武器が手に入る」と持ちかけ、刀軍団の協力を得たのだ。

さて、刀軍団がゾンビを一掃すると、間宮響と小笠原来美と等々力比呂は、逃げた首藤公貴を追いかけた。

すると、首藤公貴は妻を抱えて横須賀駐屯地を逃げだそうとしていた。

首藤公貴は間宮響に向けて発砲するが、等々力比呂が間宮響を庇って銃弾を受けた。

首藤公貴はゾンビに噛まれており、ゾンビ化したので、小笠原来美が拳銃を手にして首藤公貴を撃とうとしたが、間宮響はそれを止め、小笠原来美から拳銃を受け取ると、首藤公貴の頭を打って止めを刺したのだった。

その後、柊木佳奈恵(飯豊まりえ)らは緊急シェルター「希望の家」に向かい、間宮響と小笠原来美は島に残ったのだった(シーズン2へ続く)。

スポンサードリンク

コメントを投稿する