ネメシス-四葉朋美(よつば・ともみ)考察

日本テレビのドラマ「ネメシス」の原作に登場する四葉朋美(よつば・ともみ/橋本環奈)の原作からの考察とネタバレです。

■四葉朋美の原作ネタバレ

心理学を専門とする女子大生の四葉朋美は、リンリンの料理店「Drハオツー」に通う客で、シーュートピアのボマー(爆弾魔)事件のときに美神アンナ(広瀬すず)と出会い、仲良くなった。

四葉朋美は両親が優秀な事業家だったこともあり、周りの大人達が望むことを叶えてくれたので、過保護に育てられたせいか、同年代の人とはいつも上手くいかないのだという。

しかし、四葉朋美は大人になるにつれ、周りの大人達が悪意や嫉妬などを内側に秘めていることに気付き、他人の嘘を見抜くという特技を身につけた。

初めは直感だと思っていたが、心理学を勉強してみると、無意識のうちに人の目や仕草を分析している事に気付いたという。

スポンサードリンク

■感想と考察

四葉朋美は美神アンナと出会ってボマー(爆弾魔)事件に巻き込まれるのだが、爆弾を見ても冷静で、爆弾を解除しようとした。

普通の女子大生なら悲鳴を上げて一目散に逃げると思うのだが、解除できないにせよ、解除しようと爆弾と向かった事を考えると、ただ者では無いと思った。

最初は「名探偵コナン」に登場するお嬢様・鈴木園子のポジションかと思ったが、爆弾と解体しようとした件を考慮すると、灰原哀がモデルなのではないかと思う。

また、四葉朋美は実業家なので、美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始(仲村トオル)に出資しており、20年前に美神始(仲村トオル)が失踪した事件に関与しているのではないかと思った。

原作の四葉朋美は美神アンナ(広瀬すず)の親友になるのだが、ドラマ「ネメシス」では裏切り者が出ると考えられるので、その点も考慮しながら考察しなければならないと思う。

なお、「ネメシス」のネタバレは「ネメシス-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する