ネメシス-上原黄以子(きいこ/大島優子)のネタバレ感想文

日本テレビのドラマ「ネメシス」に登場する上原黄以子(うえはら・きいこ/大島優子)のネタバレです。

■原作の上原黄以子のネタバレ

原作の上原黄以子は、「磯子のドンファン」と呼ばれる実業家・澁澤火鬼壱(ふじさわ・ほきいち)の専属医である。BMWに乗っており、ハンドルを握ると性格が変わるタイプで、かなりのスピード狂である。

さて、雇用主・澁澤火鬼壱は相当な資産家で、6人の女性と交際しており、6人の女性に遺産を分配すると約束していた。

しかし、澁澤火鬼壱は誕生パーティーで遺産に関する発表をすることにしたところ、犯人から誕生パーティーを中止しろとう脅迫を受けた。

そこで、上原黄以子(大島優子)が、風真尚希(櫻井翔)と美神アンナ(広瀬すず)が居る探偵事務所「ネメシス」に澁澤火鬼壱の警護を依頼した。

結局、澁澤火鬼壱は殺されてしまい、上原黄以子はダイイングメッセージから容疑者になってしまうのだが、美神アンナ(広瀬すず)の名推理により、真犯人を逮捕する事が出来た。

スポンサードリンク

■上原黄以子の考察

澁澤火鬼壱が殺された「磯子のドンファン殺人事件」で容疑者になってしまうのだが、美神アンナ(広瀬すず)の活躍によって殺人容疑は晴れた。

しかし、「磯子のドンファン殺人事件」には疑問がある。

「磯子のドンファン殺人事件」の犯人は、交際していた6人のうちの1人、桜田桃だった。

澁澤火鬼壱が誕生パーティーで遺産に関する発表をするというので、交通事故を起こしていた桜田桃は自分が遺産相続から外されるのだと思い、澁澤火鬼壱を殺害したのだ。

つまり、殺人の動機は遺産なのだが、この遺産相続が不思議なのである。

澁澤火鬼壱と交際していた女性6人が遺産を受け取るのは分るが、専属医の上原黄以子も数億円の遺産を受け取っているのである。

たとえ命の恩人だったとしても、専属医が数億円もの遺産を受け取るというのは不自然である。

しかも澁澤火鬼壱は、臓器提供と献体に同意していた。

臓器提供と献体で利益を受ける可能性があるのは医者である。

つまり、「磯子のドンファン殺人事件」で、専属医の上原黄以子は数億円の遺産を相続した上に、医者として臓器提供と献体で利益を受けている可能性があるのだ。

■後妻業の女

上原黄以子は後妻業の女ではないか。後妻業とは、死にそうな老人と結婚して、老人が死んだら遺産を相続する女性の事である。

上原黄以子は、お金持ちの老人に接触して専属医となり、臓器提供と献体の同意書にサインをさせたうえで、遺産相続に関する遺言書を書かせて殺害しているのではないか。

心理学を学んでいる医者なら、患者を洗脳する事など簡単だ。専属医なら、なおさらである。

通常なら、医学知識を使って老人を殺害しているのだが、澁澤火鬼壱の場合は6人の女性と交際していたので、犯人・桜田桃に相続から外されるという噂を流して不安を煽り、澁澤火鬼壱を殺害されたのではないか。

スポンサードリンク

■キャストは大島優子

ドラマ「ネメシス」で専属医の上原黄以子を演じるのは大島優子だが、このキャスティングが非常に怪しい。

なぜなら、日テレのドラマは、重要な役に朝ドラ出演者を起用する傾向にあるからだ。

大島優子が朝ドラ「あさが来た」「スカーレット」に出演している事を考えると、単なる女医という役で終わるようには思えない。

おそらく、美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始(仲間トオル)が失踪する原因となる20年前の事件にも深く関わっているにような気がする。

なお、原作については「ネメシス-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する