朝ドラ「おかえりモネ」の感想文

清原果耶が主演するNHKの朝ドラ「おかえりモネ」の感想文です。

■「おかえりモネ」の感想

朝ドラ「おかえりモネ」は、宮城県気仙沼市で生まれ育った永浦百音(清原果耶)が2011年の東日本大震災を切っ掛けに、気象予報士を目指すというドラマである。

気象予報士は様々な職業の人に役立っている素晴らしい職業のようだが、残念ながら、私はほとんど天気予報を見ないし、気象予報士を競馬の予想屋程度にしか考えていない。

なぜなら、私が子供の頃に読んだ本に、天気予報は精度が低くて当たらないため、外国では天気予報がギャンブルの対象になっていると書いていたからだ。

しかも、「天気予報が外れた」という苦情に対しては、気象庁の予算を日本の人口で割ると、国民一人当たり数十円にしかならないので、文句があるのなら、お金を返してあげるので、取りに来なさいと書いてあった。

それに、今はスマホのアプリで天気は確認出来る。私の場合は雨が降りそうな時だけ、アプリで雨雲レーダーのリアルタイムな状況を確認すれば事足りる。

だから、私は天気予報など見ないし、テレビ番組で天気を解説している人は、競馬の予想屋みたいなものだと思っていた。

しかし、永浦百音(清原果耶)のモデルになった人の地域防災や自然災害についての真摯な思いを知り、私は次第に考えが変わってきた。

天気によって生活を左右される人が居り、時には天気によって命を落とす人も居る。

天気は人々の生活にどのような影響を与えるのか。天気を予想することにどんな意味があるのか。気象予報士の役割とは何なのか。

少しではあるが、天気や気象予報士に興味が沸いた。

だから、私は気象予報士になる永浦百音(清原果耶)を通じて、気象予報士の存在する意味や役割について学べれば良いなと思った。

また、東日本大震災から10年という節目において、朝ドラ「おかえりモネ」で天災や自然災害を描くことは、災害への備えを喚起する意味でも、重要な意味があると思う。

東日本大震災の直後は防災グッズなどを買ったが、喉元過ぎれば熱さを忘れるで、今はもうどこに置いたのかも忘れてしまったため、これを機に、もう1度、防災グッズを確認したい。

スポンサードリンク

コメントを投稿する