おちょやん-実話から最終回「倍返し」を予想

NHKの朝ドラ「おちょやん」の最終回「倍返し」を実話から予想します。

■おちょやん-最終回の予想

竹井千代(杉咲花)は、毒親のせいで子供の時に家を追い出されて奉公に出たが、後の後も毒親・竹井テルヲ(トータス松本)に振り回され続けた。

さらに、天海一平(成田凌)にも捨てられ、鶴亀家庭劇を引退し、京都で極貧生活を送り、散々な人生を歩んできた。

しかし、花車当郎(塚地武雅)と長澤誠(生瀬勝久)に見いだされて、ラジオ番組はヒットし、「大阪のお母さん」と呼ばれるようになり、映画界からも出演依頼が来て名脇役と呼ばれるようになり、人生の倍返しに成功した。

ところが、竹井千代(杉咲花)には1つの心残りがあった。「大阪のお母さん」と呼ばれるようになったが、自分には子供が居ないことだった。

そのようななか、ある女性が尋ねてきた。

話しを聞いてみると、その女性は後妻・竹井栗子(宮澤エマ)の娘だった。

女性によると、後妻・竹井栗子(宮澤エマ)は竹井千代(杉咲花)を家から追い出したことを後悔しており、女優の道に入った竹井千代に花を贈りながら、人知れず応援していのだという。

女性は竹井栗子(宮澤エマ)が先日、死んだ事を明かし、竹井栗子の代わりに家から追い出した事を謝罪すると、竹井栗子の遺言だと言い、竹井千代(杉咲花)に、あることを提案した。

女性は先日、双子の男の子を産んでおり、朔也と陽斗と名付けていた。

双子は竹井テルヲ(トータス松本)の孫にあたり、竹井テルヲの血が流れているので、双子のうち1人を子供の居ない竹井千代(杉咲花)の養子にして欲しいと頼んだ。

それが竹井栗子の遺言だというのだ。

それを聞いた竹井千代(杉咲花)は、竹井栗子(宮澤エマ)の事を許し、その証として双子の弟・陽斗を引き取り、ようやく家族を手に入れ、陽斗と共に幸せに暮らしていくのだった。

次に始まる朝ドラ「おかえりモネ」については「お帰りモネ-ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する