日本沈没-現実に起こる可能性の考察と疑義

TBSのドラマ「日本沈没-希望のひと」の原作では、大地震によって日本が沈没するのだが、そのな大地震が現実には起きる可能性について紹介します。

■地震では沈没しない理由

原作「日本沈没」は、小説の域を超えて、綿密に取材されたルポタージュかと思うような内容だったため、読んでいて、現実に各地で連鎖的に大地震が発生して、各地の火山が噴火し、日本が沈んでしまうのではないかと恐ろしくなった。

しかし、このような事が、現実に起こる事はあるのだろうか?

こうした疑問に対して、私は「絶対に起きない」と言い切ることが出来る。

理由は簡単である。

日本が消滅するほどの大地震が起きなければ、「起きない」と答えた私の回答が当たったことにある。

もし、日本各地で大地震が発生して日本か消滅すれば、私の答えたが外れたことになるのだが、そんな大災害の最中に「外れたじゃないか」と苦情を言う人は居ないのである。

したがって、「日本沈没」のよう大地震や大噴火は、現実に起こる可能性は0%だと断言しておけば良いのである。

まあ、これは冗談として、東京大学地震研究所は次のように回答している。

スポンサードリンク

■東京大学地震研究所の回答

映画「日本沈没」に関連して、東京大学地震研究所は、「日本が沈むことはないのですか?」という質問に対して、次のように回答している。

「太平洋プレートが東側から日本の下に沈みこんだり、南からフィリピン海プレートが沈み込んだりしているので、現在の日本はこれらのプレートに押されて、全体としては盛り上がっています(隆起しています)。ですから、現在の状態が続く限り日本が沈むことはありません。映画では、メガリスの沈降によって日本列島を押していたプレートが日本列島を引っ張ることになり、日本が沈没します。そのようなことになったとしても、沈むためには100万年もの時間がかかります。」

また、東京大学地震研究所は、日本各地で同時に大地震が発生することはないと解説している。

原作と映画に若干の違いはあるが、いずれにしても、現実に「日本沈没」のような大災害が起こる可能性はほぼ無いと言える。

しかし、これはあくまでも地震に対する回答であり、他の原因で日本列島が沈没する可能性はあると考える。

■日本列島が沈没する理由

現実的に、地震以外で日本が沈没する可能性があるのは、南極の氷である。南極の氷が全部解けると、海面が40~70メートル上昇するからだ。

地上70メートルは、ビルやマンションの23階に相当するので、南極の氷が全て解ければ、平地は完全に沈没することになる。

しかし、これは心配する必要が無い。

南極は-40度なので、氷が溶けるには気温が40度も上昇しなければならない。そんな高温になれば、そもそも日本になど住んでいられないからだ。

だから、この問題についても、「南極の氷は解けない」と言っておけば、外れたとしても、「外れたじゃないか」と文句を言うとも居ないのである。

スポンサードリンク

コメントを投稿する