日本沈没-最後に残る場所は岡山県

「日本沈没」で最後に残る場所は岡山県だと考えられます。

■来る日本崩壊

日本の各地で地震が相次いでおり、小松左京の小説「日本沈没」のような大災害が発生して日本が海に信ずんでしまうのではないかという噂もある。

日本沈没まで行かなくても、30年以内に70~80%の確立で、マグニチュード8~9クラスの地震が発生せいると、公式に発表されている。

この東南海地震は、単なる揺れだけではなく、津波の被害が大きいと言われ、広域で大きな被害が予想されている。

仕事や学校の関係で簡単には引っ越せないかも知れないが、危険地帯に住んでいる人は、可能であれば、安全地帯に引っ越した方が良いだろう。

では、どこへ引っ越せば安全なのか?

それは、岡山県の吉備高原である。

スポンサードリンク

■最後に残る場所は岡山県

できる限り地震や天災を避けて安定した生活を送りたいという人は、岡山県の吉備高原へ引っ越すと良い。

専門家の調査によると、岡山県の吉備高原には活断層が無く、地域は地下20kmまで固い一枚岩盤になっており、地下の構造が安定している事が判明している。

つまり、数千万年前から岡山県では大きな災害が起きておらず、直下型地震が発生する可能性が低いということだ。

さらに、日本地質学会では、地下構造が安定していることから、日本の首都を岡山県へ移す事が議論されている。

また、有名なジョン・タイターも、首都が東京から岡山に移り、「岡京」が誕生するだろうと述べている。

このような点から考えると、地震に関して日本で最も安全なのは岡山県だと言えるので、東南海地震を避けて引っ越すのなら、岡山県の吉備高原だと言える。

しがって、日本が沈没するときに、岩盤の強固な岡山県が最後まで残る可能性が大きいのである。

スポンサードリンク

コメントを投稿する