おちょやん-109話-祥子(藤川心優)の家出の感想とネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」の第109話「うちの大切な家族だす」のあらすじと感想です。

■おちょやん-109話のあらすじ

竹井千代(杉咲花)と花車当郎(塚地武雅)のラジオドラマ「お父さんはお人好し」は大ヒットしています。

そのようななか、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)が倒れて入院してしまいます。

その一方で、「うちの大切な家族だす」に出演している静子役の祥子(藤川心優)が家出をしてしまい、両親がラジオ局に押しかけてきます。

このように、109話では長澤誠の入院と、静子役の祥子が家出するというエピソードが描かれるようです。

それにしても、竹井千代は松島寛治(前田旺志郎)に「お母さんと呼びなさい」と言っていたのに、いつのまにか、みんなから「お母さん」と呼ばれるようになっており、「おちょやん」の脚本は色々と伏線を回収するので、面白いです。

SNSを見ても、次のように絶賛する声が多いです。

このようにネット上では脚本の深みを絶賛する声が多いです。

入院した長澤誠がどうなるのか、第110話も楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。

コメント欄

祥子ちゃんが無事に見つかるといいですね。

  • 投稿者-
  • みよこ

コメントありがとうございます。私も無事に見つかる事を祈っています。

  • 投稿者-
  • 管理人