ネメシス-菅容子(今村美乃)の病気は遺伝性大脳変性症(HSCM)

日本テレビのドラマ「ネメシス」に登場する菅容子(かんようこ/今村美乃)の病名のネタバレです。

■ネメシス-菅容子の病名

ドラマ「ネメシス」は、毎週、起きる事件が、「20年前の謎」に通じるという探偵ドラマで、ポンコツ探偵の風真尚希(櫻井翔)と助手の美神アンナ(広瀬すず)が解決困難な事件を名推理で解決していくという探偵ドラマだ。

美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始(仲村トオル)が失踪しており、風真尚希と美神始(仲村トオル)は父・美神始の行方を捜している。

そして、全ての謎が「20年前の謎」に繋がっており、その「20年前の謎」に繋がるキーマンとして、菅研究所(カンケン)と菅容子(今村美乃)が登場する。

この菅容子は菅研究所の所長で、高校2年(デカルト女学院)生の時に「遺伝性大脳変性症(通称HSCM)」という病気を発症した。

遺伝性大脳変性症は「いでんせい・だいのうへんせいしょう」と読む。実在する病気では無く、架空の病気のようだ。

「遺伝性」ということなので、両親から遺伝して発症した病気と考えられるが、両親についての情報は無く、詳細は分らない。

スポンサードリンク

■菅容子の経歴

菅容子は誕生日が1973年4月25日。デカルト女学院に入学し、2年生の時に「遺伝性大脳変性症(HSCM)」という病気を発症した。

自分の病気を解明するため、遺伝治療などの難しい本を読んで勉強し、デカルト女学院在籍中に論文を発表して天才高校生として注目され、大学へ進んで遺伝子工学を学び、大学の時に論文を発表し、史上初の大学生受賞となった。

その後、遺伝子を研究する菅研究所(カンケン)を設立した。

19年前の交通事故や美神アンナ(広瀬すず)の出生の秘密にかかっている可能性があり、「20年前の謎」に大きくかかっていると考えられる。

なお、最終的な考察については「ネメシスの犯人と真犯人(黒幕)の考察」で紹介する予定です。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。