ちむどんどん-比嘉優子(ひが・ゆうこ/仲間由紀恵)の解説

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」に登場する比嘉優子(ひが・ゆうこ/仲間由紀恵)の解説とネタバレです。

■比嘉優子(仲間由紀恵)のあらすじ

沖縄県の北部にある「やんばる地方」で、サトウキビ農家を営む比嘉家があった。父は比嘉賢三(大森南朋)、母は比嘉優子(仲間由紀恵)で比嘉夫婦は4人の子供に恵まれていた。

比嘉優子は定食屋の娘として育ったこともあり、料理が得意で、貧しいながらも、4人の子供達は美味しい料理を食べ、すくすくと育った。

そのようななか、比嘉優子らは家族そろって街のレストランに食事に行く。それは次女・比嘉暢子(黒島結菜)にとって初めての西洋料理だった。食べる事を生きがいとしていた比嘉暢子は始めて食べ西洋料理に魅了さえるのだった。

その直後、夫の比嘉賢三(大森南朋)が急死したため、比嘉優子は女で一つでサトウキビ農家を切り盛りしながら、4人の子供達を育てていくことになる。

そこで、4人の子供たちは比嘉優子を少しでも助けるため、家事を分担することにして、食べることが大好きな比嘉暢子(黒島結菜)は料理を担当するのだった。

なお、「ちむどんどん」の登場人物とキャスト一覧は「ちむどんどん-登場人物とキャストの一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

■キャストは仲間由紀恵

「ちむどんどん」で比嘉優子を演じる仲間由紀恵は、1979年10月30日生まれ、沖縄県浦添市の出身。

仲間由紀恵は、1993年に沖縄のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学し、翌年の1994年にドラマ「青い夏」でデビュー。ドラマ「TRICK」「ごくせん」などでブレイクした。

ただ、何と言っても仲間由紀恵の最高傑作は「美しい隣人」だろう。「美しい隣人」は仲間由紀恵の艶容かつミステリアスな雰囲気が存分に生かされており、ドラマ史上の残る最高傑作の一つである。

朝ドラに関しては1998年の「天うらら」と2014年の「花子とアン」に出演しており、「ちむどんどん」が3度目の出演となる。

なお、「ちむどんどん」のあらすじは「ちむどんどん-あらすじと最終回ネタバレと視聴率」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。