喜多見幸太(きたみ・こうた)の事件と秘密の考察とネタバレ-TOKYO MER

鈴木亮平が主演するTBSのドラマ「TOKYO MER(東京MER)」に登場する喜多見幸太(きたみ・こうた/鈴木亮平)の事件と秘密の考察とネタバレです。

TOKYO MER
出典:TOKYO MER(TBS)

TOKYO MER-喜多見幸太のネタバレ目次

  1. 喜多見幸太(鈴木亮平)の経歴
  2. 喜多見幸太(鈴木亮平)の経歴と空白の1年間ネタバレ
  3. 喜多見幸太(鈴木亮平)は5年前に結婚していたネタバレ
  4. 喜多見幸太(鈴木亮平)のもう1つの空白期間
  5. 喜多見幸太(鈴木亮平)の秘密の考察
  6. 赤塚梓(石田ゆり子)の病気と関係

スポンサードリンク

TOKYO MER-喜多見幸太(鈴木亮平)の経歴

TOKYO MER-喜多見幸太(鈴木亮平)の経歴
所属TOKYO MER
性別
生年月日1983年4月25日
2010年5月ニューヨーク医療大学 卒業
2010年6月~2013年5月ニューヨーク市民病院にてレジデントとしてERに配属
2016年6月~国際医療機関の医師団に所属
~2020年5月中南米で医療に従事する
2021年7月TOKYO MER 配属

喜多見幸太の経歴と空白の1年間

喜多見幸太(鈴木亮平)が子供の頃にアメリカで銃の乱射事件があり、両親が死んでいるので、アメリカで育って、アメリカで医師免許を取得したと考えられる。

また、医師団に参加している期間は中南米で医療に従事するという説明だったが、音羽尚(賀来賢人)の報告によると、実際には「ハイチ」「エルサレム」「ウガンダ」「ボリビア」「ゴロンビア」「ニジェール」「ベネズエラ」など、中南米の他にもアフリカや中東でも医療に従事していたようである。

喜多見幸太(鈴木亮平)が赴任していた国々の共通点としては「非常に治安が悪い」という点である。

そして、音羽尚(賀来賢人)が指摘する喜多見幸太(鈴木亮平)の1年間の空白期間は、医師団を辞めてからアメリカへ戻るまでの1年間、つまり、2020年5月から2021年7月までの1年間である。

スポンサードリンク

喜多見幸太は5年前に結婚していた

「TOKYO MER」のチーフドクター喜多見幸太(鈴木亮平)は、5年前に高輪千晶(仲里依紗)と離婚していた事が明らかとなった。

現在が2021年7月なので、5年前ということは、2016年になる。

喜多見幸太(鈴木亮平)は2016年6月から国際医療機関の医師団に所属しているので、このときに高輪千晶(仲里依紗)と離婚して、医師団に参加した可能性が大きい。

高輪千晶(仲里依紗)は心臓と血管の世界的な権威なので、アメリカに留学していたか、アメリカで医師として働いていたのだろう。

そして、高輪千晶(仲里依紗)は喜多見幸太(鈴木亮平)とアメリカで結婚したが、喜多見幸太が医師団に入ると言い出したので、離婚して日本に帰国したという感じだと予想する。

喜多見幸太(鈴木亮平)のもう1つの空白期間

喜多見幸太(鈴木亮平)の経歴書では、ニューヨーク市民病院にてレジデントとしてERに配属されていた期間は、2010年6月~2013年5月だった。

そして、次に国際医療機関の医師団に所属されたのが2016年6月なので、3年の空白期間がある。

この3年間は高輪千晶(仲里依紗)と結婚していた時期と重なりそうだ。

ただ、音羽尚(賀来賢人)がこの空白の3年間について何も言及していないことから、何も謎はないのかもしれない。

スポンサードリンク

TOKYO MER-喜多見幸太(鈴木亮平)の秘密の考察

「TOKYO MER」の第1話で、喜多見幸太(鈴木亮平)に重大な秘密が存在する事が明らかになった。

喜多見幸太(たきみ・こうた)
出典:TOKYO MER

かなり重大な秘密のようなので、「あのことがバレたら終わりよ」と言っているので、明るみに出れば、医師免許を剥奪されるか、「TOKYO MER」が解散に追い込まれる程の秘密なのだろう。

喜多見幸太を演じる鈴木亮平は、映画「変態仮面」に主演しているので、喜多見幸太の秘密は「変態仮面」ではないかと思う人も居るかもしれないが、「変態仮面」ではないだろう。

では、喜多見幸太(鈴木亮平)が隠している秘密とは何か。

第1話の時点で考えられるケースは以下の通りである。

  1. 喜多見幸太は医師免許を持っていない。
  2. 喜多見幸太が医療ミスで患者を死なせた。
  3. 喜多見幸太は認可されていない治療を行った。
  4. 喜多見幸太が患者を助けるために法律を犯した。

そして、喜多見幸太(鈴木亮平)の秘密を考えるうえで、重要になってくるのが高輪千晶(仲里依紗)の発言だ。

高輪千晶(仲里依紗)も喜多見幸太の秘密を知っており、「あの事件」と言っている。

「事件」ということは、過去に何らかの出来事があったのだろう。

では、その出来事は何か?

私は、東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子)の病気と関係があると思う。

赤塚梓(石田ゆり子)の病気と関係

赤塚梓(あかつか・あずさ)
出典:TOKYO MER(TBS)

「TOKYO MER」の相関図に登場する人物の中で、喜多見幸太(鈴木亮平)の秘密を知っているのは、東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子)と、東京海浜病院の循環器外科医・高輪千晶(仲里依紗)の2人だけである。

そして、赤塚梓(石田ゆり子)は循環器外科医・高輪千晶(仲里依紗)の診察を受けており、何らかの病気である事は明かだ。

高輪千晶(仲里依紗)は循環器外科の医師なので、赤塚梓(石田ゆり子)の心臓の病気という可能性で間違いないだろう。

喜多見幸太(鈴木亮平)は、アメリカで育ち、アメリカで医師免許を取ったようで、赤塚梓(石田ゆり子)は記者時代に喜多見幸太と出会い、日本では無名の医師・喜多見幸太を「TOKYO MER」のリーダーに抜擢した。

高輪千晶(仲里依紗)は、世界でも有数の心臓・血管のスペシャリストなので、当然、アメリカでも技術を学んでいるだろう。

つまり、喜多見幸太(鈴木亮平)、赤塚梓(石田ゆり子)、高輪千晶(仲里依紗)の3人の接点は、アメリカという可能性が大きい。

では、アメリカで何があったのか。

おそらく、赤塚梓(石田ゆり子)はアメリカで心臓発作を起こして倒れた。

そこに居合わせた医学生の喜多見幸太(鈴木亮平)が、赤塚梓(石田ゆり子)に応急処置をして助けた。

その応急処置は医療行為にあたるが、喜多見幸太(鈴木亮平)は医学生で医師免許を持っていなかったという出来事があったのではないか。

そして、助けてもらった赤塚梓(石田ゆり子)が嘘を付いて、事件にはならなかったが、もし、明るみに出れば、「TOKYO MER」が解散に追い込まれる程の問題になるのかもしれない。

喜多見幸太(鈴木亮平)の考察の補足

喜多見幸太(鈴木亮平)については、「空白の1年間」「高輪千晶(仲里依紗)との結婚(離婚)」「明るみの出たらヤバイ事件」という3つ謎がある。

しかし、第2話の時点では、3つの謎は全て別々に考えておく必要があると思う。

なお、「TOKYO MER」のあらすじとネタバレは「TOKYO MER(エムイーアール)-あらすじと最終回のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。