TOKYO MER-都知事・赤塚梓(石田ゆり子)の病気と病名

TBSのドラマ「TOKYO MER(東京MER)」に登場する東京都知事・赤塚梓(あかつか・あずさ/石田ゆり子)の病気と病名の考察とネタバレです。

TOKYO MER-赤塚梓(石田ゆり子)の病気と病名

東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子)は、東京海浜病院に通院しており、何らかの病気のようだ。

赤塚梓(あかつか・あずさ)
出典:TOKYO MER(TBS)

赤塚梓(石田ゆり子)を診察しているのが、東京海浜病院の循環器外科の医師・高輪千晶(仲里依紗)なので、赤塚梓の病気は循環器外科で対応する病気のようだ。

循環器外科とは、心臓や血管の病気に対応する部署なので、赤塚梓の病気は心臓か血管の病気と考えられる。

循環器外科で対応する主な病気としては、「狭心症」「心筋梗塞」「不整脈」「心臓弁膜症」「心膜疾患」などがある。

赤塚梓(石田ゆり子)は症状が安定しており、通院して飲み薬を飲んでいることなどから、推測すると、「心筋症」だと思う。

スポンサードリンク

赤塚梓(石田ゆり子)の病気の今後の予想

赤塚梓(石田ゆり子)が心臓系の病気を患っている事が判明したが、この病気が「TOKYO MER」のストーリーにどのような影響を与えるのかを考察してみる。

赤塚梓(石田ゆり子)が「TOKYO MER」のリーダーとして連れてきた医師・喜多見幸太(鈴木亮平)は、何かの秘密を持っている。

この秘密はにいて、詳しい事は分らないが、医師免許を剥奪されるレベルの秘密ではないかと思う。

そして、赤塚梓(石田ゆり子)の病気は、喜多見幸太(鈴木亮平)の秘密に繋がっていると思う。

おそらく、赤塚梓(石田ゆり子)はアメリカで心臓の病気で倒れ、それを助けたのが、喜多見幸太(鈴木亮平)だった。

しかし、喜多見幸太(鈴木亮平)の行動は医療行為にあたり、喜多見幸太(鈴木亮平)は、医大生で医師免許を持っていなかったため、公になれば、医師免許の剥奪、もしくは「TOKYO MER」の解散するレベルの騒動になるのだと予想する。

なお、「TOKYO MER」のあらすじとネタバレは「TOKYO MER(エムイーアール)-あらすじと最終回のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。