家族募集します-第2話のネタバレ-小山内蒼介(仲野太賀)の過去

仲野太賀が出演するTBSのドラマ「家族募集します」の第2話のあらすじとネタバレです

「家族募集します」の最終回までのネタバレは「家族募集します-原作とあらすじと最終回のネタバレ」をご覧ください。

「家族募集します」の第1話のネタバレは「家族募集します-第1話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

家族募集します-第2話のあらすじとネタバレ

小山内蒼介(仲野太賀)がSNSに投稿した「家族募集します」を見て、横瀬めいく(岸井ゆきの)が息子の横瀬大地(三浦綺羅)を連れて、お好み焼き屋「にじや」にやってきた。

しかし、横瀬めいく(岸井ゆきの)は、シンガーソングライターの夢を追い続けているシングルマザーで、歌を続けており、仕事も辞めてきたので家賃も待ってくれというのだ。

小山内蒼介(仲野太賀)は、困って赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)に助けを求め、みんなでお好み焼きを食べるのだが、横瀬めいく(岸井ゆきの)はお好み焼きにマヨネーズとタバスコを大量に掛けるので、小山内蒼介は怒りが収まらない。

小山内蒼介(仲野太賀)は「タバスコを掛けるヤツと上手くなっていく自信が無い」と言い、横瀬めいく(岸井ゆきの)を今すぐ追い出すと言い出したが、赤城俊平(重岡大毅)は「今日はもう遅いし、何か事情があって、来たのかも知れない。今夜1泊だけでも泊めてあげたら」と諭した。

すると、小山内蒼介(仲野太賀)は「見張っていないと、子供を置いて出て行くかもしれない」と言い、赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)が一緒に泊ることを条件に、横瀬めいく(岸井ゆきの)の宿泊を認めた。

スポンサードリンク

小山内蒼介が激怒する理由

翌日、横瀬めいく(岸井ゆきの)は、小山内蒼介(仲野太賀)にメロンパンを買ってきて欲しいと他ノンで、小山内蒼介が出かけた隙に、子供を残してお好み焼き屋「にじや」を出て行った。

小山内蒼介が戻ってくると、横瀬めいく(岸井ゆきの)が子供を残して居なくなっていたので、小山内蒼介は激怒し、赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)に緊急招集をかける。

小山内蒼介が異常に横瀬めいくを悪く言うので、桃田礼(木村文乃)が事情を尋ねると、小山内蒼介は横瀬めいくが自分を置いて居なくなった母親と似ているのだと打ち明けた。

小山内蒼介の母親は、小山内蒼介が子供の頃に、小山内蒼介を残して、突然、家を出て行って居なくなり、小山内蒼介は親戚に預けられて育った。

小山内蒼介が学童保育に行かなくなったのも、そのせいだった。

赤城俊平(重岡大毅)は「信じて待ってあげよう」と提案するが、小山内蒼介は「俺だって母ちゃんを信じて待ってた」と答えた。

横瀬めいくの苦悩

一方、横瀬めいく(岸井ゆきの)は駅前に居たが、歌わずに一人で考え込んでいた。

横瀬めいく(岸井ゆきの)は路上ライブ仲間から「今日は歌わないの」と声を掛けられると、「昔は歌っていれば10代の頃に戻れけど、今は子供の顔が浮かんで。今日は半日離れてみたけど、そろそろ、ちゃんとしたママになった方が良いのかな」と話した。

すると、路上ライブ仲間の長老が「それを歌にすれば良い。アンタみたいな母親が居たっていい。アンタみたいな歌手が居たっていい。だろ」と告げた。

スポンサードリンク

赤城陽(佐藤遙灯)の提案

さて、赤城俊平(重岡大毅)らは、お好み焼き屋「にじや」で横瀬めいく(岸井ゆきの)の帰りを待っていたが、一向に戻ってこない。

すると、赤城俊平の息子・赤城陽(佐藤遙灯)が「迷子に待ってるんだよ。探しに行こう」と言うので、赤城俊平は「そうだよね。待ってるだけって、何もしてないのと同じだよね。パパ探してくる」と言い、お好み焼き屋「にじや」を飛び出した。

赤城俊平は路上ライブをしている人に、横瀬めいく(岸井ゆきの)の事を尋ねると、いつも駅前で歌っているという情報を得て、駅前へ。

一方、長老に「その思いを歌にしろ」と言われた横瀬めいく(岸井ゆきの)は曲を作っていると、仲間から「そろそろ、どう」と促されたので、「まだ歌詞はできてないけど」と言い、鼻歌で新曲を披露した。

曲が終わると、聞いていた観客から拍手が起こり、観客の中から赤城俊平(重岡大毅)が出てきて、「大地くんは大人です。でも、やっぱり子供です。本当は寂しがっていると思います。だから手を放さないで、ずっと側に居てあげてください」と頼んだ。

横瀬めいく(岸井ゆきの)が「アンタに言われなくても、離れられるわけ無いでしょ。歌っている今でも離れられないのに」と告げる。

赤城俊平(重岡大毅)は「信じて良かった。帰りましょう・僕たちの家に」と言い、手を出し出すと、横瀬めいくは帰ることにしたのだった。

家族募集します-第2話の結末ネタバレ

さて、横瀬めいく(岸井ゆきの)が「にじや」に戻ると、小山内蒼介(仲野太賀)は不満ながら横瀬めいくを受け入れ、お腹をすかせている横瀬親子のために、焼そばを温めることにした。

しかし、赤城俊平(重岡大毅)が「ママの歌は上手だったよ」と教えると、横瀬大地(三浦綺羅)は「ママは料理も上手なんだよ。僕ママの料理が食べたい」とおねだりした。

すると、横瀬めいく(岸井ゆきの)は「よし、留守番のご褒美だ」と言い、「にじや」の厨房を借り、オム焼そばを作った。

小山内蒼介(仲野太賀)は「思ったより、やるじゃねーか」と認めるが、大量のマヨネーズとタバスコをかけて食べるので、小山内蒼介はブチ切れるのだった。

その日の夜、赤城陽(佐藤遙灯)は赤城俊平(重岡大毅)に「お兄ちゃんのママ、帰ってきて良かったね。陽のママも待ってたら帰ってくる?ママも迷子になってるかもよ。明日、探しに行こうよ。ねっ、パパ」と言ったのだった。

「家族募集します-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。